書評 – 荒木一郎「テクニカルなコインマジック講座」

Posted on

Sponsored Link

荒木一郎さんのテクニカルシリーズコインバージョン。
はっきり言ってマニアックです。
ですがコインマジシャンは一度目を通しておくべき一冊であるといえます。

荒木 一郎
東京堂出版 2005-08
¥ 2,940

先に嫌なことを言っておくと、著者の主観が正直押し付けがましくてうっとおしい本です。
例えばコインマジックは外国のコインで演じるのが美しいというアレ。

これに関しては様々な議論がありますが、本書のいいなりになる必要はなく、はっきりと日本のコインで演じる理由を持っていれば500円玉で演じてもなんの問題もないと思います。

というのは本書において些細な問題で、この本は本当に素晴らしいです。

例えば技法紹介ページ。
パームからバニッシュまで190種類の技法が紹介されてます。
適当にじゃなくちゃんと。

コインマジックの用語については本書一冊でなんとかなるのではないでしょうか。

トリックは全16種。

手のひらを貫通するシカゴのアップダウンコインという手順がお気に入りで、一見シンプルだけど非常に極めがいがあるマジックです。

あとはカード一枚のマトリックス「親分とベンジャミンの空中飛行」という手順がおもしろいですね。
難しいけど。

付属DVD

テクニカルシリーズ、やはりDVDがついているのはいいですね。
特にコインマジックというのは本だけではどうしても動きがイメージしにくいのでとてもありがたいです。

DVDは全25チャプターで、他のシリーズと同様、演技と一部解説のみというDVDです。

緒川集人さんのリテンションバニッシュ解説とかあるんで、そこだけで十分元がとれそうだし魔耶一星さんのスリービング解説や沢浩さんのサブマリーンの演技まで見れてしまいます。

あとスピリット百瀬師匠流のスパルタコイントレーニングが見れます。参考になるかはおいといて貴重映像だと思いました。

クラシックなものをコインマジック辞典で学んだら是非この本に挑戦しましょう。
実際僕はこの本の半分ぐらいしかできる手順ありませんが、1つ1つの動きは確実に血肉になっています。

緒川集人さんのリテンションバニッシュは本当に必見です。

荒木 一郎
東京堂出版 2005-08
¥ 2,940



SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>