逢坂剛の百舌シリーズがおもしろすぎた

Posted on

Sponsored Link

これは本当におもしろいシリーズものでした。

警察小説というと古臭いと思われるかもしれませんが、全巻通して退屈することなく読み終えることができました。

第一巻の百舌鳥の叫ぶ夜が書かれたのが1986年と30年近く前のことですが全く古臭さとか感じません。
サザンの歌みたいな、昔だけど今聞いても全然聞けるみたいなそんな感じです。

僕は携帯電話とか出てこない昔の小説に抵抗があったんですけど、これは本当にぐいぐい読めました。
読後感マジハードボイルド

んで、このシリーズはお話がつながってるんで順番通りに読むことをオススメします。

こういう順番↓




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>