第92回全国高校ラグビー準々決勝 常翔学園、伏見工業との大接戦を制す

Posted on

Sponsored Link

4試合のうち3試合が逆転勝ちということになった準々決勝ですが、この試合の欧州は凄まじかったです。

常翔学園27-26伏見工業

なんと一点差。そこに至るまでがそれはもう壮絶でした。

得点経過はこんな感じです。
常翔学園 伏見工業
0-5
7-5
12-5
12-12
17-12
24-12
24-19
24-26
27-26

抜きつ抜かれつのデッドレース。

最後の最後で伏見工業がペナルティを許し、ゴールを決められそのまま常翔が逃げ切りノーサイド。

ラグビーに一点という点は入らないんですが一点差で決着がつきました。

伏見の選手はあと一本キックを決めれてたらと悔しいでしょうが、いい試合だった、という歓声が響いてました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今大会大注目している常翔学園No8桶谷選手
ミスが目立ったものの、ボールを持てば強い当たりとハンドオフで確実にゲイン。
伏見工業の選手も一人で止めるのは苦しかったよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一点差の明暗を分けた重要なキック。
一本外れてれば立場は逆だったかもしれません。
3/5本と決めるべきところは確実に決めた印象

超重量級のスクラムは圧巻。高校生レベルでこれほどのものが見れるなんて嬉しいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>