HOME» Apple» iPhone»

FANTABIT – iPhoneの高音質アプリの実力は

Posted on

Sponsored Link

iPhoneのミュージックアプリもイコライザなどを使えば好みの音に近づけることはできますが、iPhoneで更に音質をよくするというアプリがあります。
それがFANTABITです。


FANTABIT 2.3(¥800)


仕組み

多くの方はMP3などに音源を圧縮してiPhoneに入れていると思いますが、MP3というのは“人間に聞こえない音域”というのをごっそり削り落とす圧縮方法なんですね。
んで、その削り落とされた部分も音楽の一部なわけで、やっぱり削らないなら削らないほうがいいんです。
その削られた部分を独自のアルゴリズムで復活させるのがFANTABITです。

デザイン&操作性

デザインはだいたいこんな感じです。
iTunesで入れたミュージックアプリに入ってる曲をプレイリストまで自動で読み込んでくれます。
2013-01-01 00.35.03

2013-01-01 00.34.41

2013-01-01 00.34.23

操作もほとんど純正ミュージックアプリと同じなので迷うことはないですね。

音質

さて問題の音質ですが、音が変わるのは間違いありません。
明らかに高温域が出るようになります。
かなりCDに近づく感じですね。
イコライザのような力技での音質変化ではないので聴きやすいです。

メリット

MP3などの小さく圧縮した状態で持ち運びつつ高音質で聞けること。
思ったほど電池の消耗は激しくないです。
操作性もいいですし、

デメリット

仕組み上、元々ロスレスなどの形で音楽を聞いている方は効果を感じることができないかと思います。
また、そこそこのヘッドホンでないと音質の変化を感じることができないという意見があります。
僕はCKS55という3000円ぐらいのイヤホンを使っていますが音質の違いははっきりわかりました。

僕はずっとこれで聞いてます。
たまにミュージックアプリで聞くと少し物足りないように感じます。
アプリとしては少し高いですがオーディオ機器と考えると安いのではとも思うので気になる方は試してみてもいいんじゃないでしょうか。

FANTABIT 2.3(¥800)





SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>