美味しいコーヒーの淹れ方[ドリップ]

Posted on

Sponsored Link

コーヒーの淹れ方も好みも人それぞれですが、ここでは誰に出しても美味しいと言われるコーヒーを目指してみます。
また、初心者の方がなるべく自分の好みのコーヒーを淹れるための近道になるような淹れ方を書いてみますんで参考にしていただければ幸いです。

方法

手軽で美味しくなるドリップでいきます。
道具も一度買ってしまえばほとんど一生使えるものなのでコストもさほどかかりません。

道具

ミル

まず、豆を挽くミルです。
豆は挽いてから時間が経つとどうしても風味が損なわれてしまいますので淹れる直前に挽きましょう。
というわけでミルが必要です。

ミル選びのポイントは細かく挽いたり荒く挽いたり調整できるものがいいです。

わりと安価でいいものがあります。

僕はこんなの使ってます。
インテリアとしてもいいし大きいので挽くのも楽ですね。

まあいろいろ探してみてください。

やかん

豆に湯を注ぐのに、少しずつお湯を注ぐ必要があるため、先の細いやかんがいいです。
コーヒー屋さんで買うよりだいぶ安いですね。

ドリッパー&フィルター

正直これはなんでもいいと思ってます。
100円ショップなんかにも売ってますが、高いものでもないのでメーカー品を買っておいてもいいかもしれませんね。

コーヒーフィルターは無漂白のものを選びましょう。

コーヒーサーバー

一人分だけ淹れるなら不要ですが、たくさん淹れる時には必要です。

道具は以上です。
カップやタンブラーなどはお好みでどうぞ。

これは本当に好みとしかいいようがありませんが、コーヒー屋さんに行って「クセのないものを」と言ってみましょう。
なんか出してくれます。

僕がオススメなのはカルディのマイルドカルディ。
これはカルディ店舗で配ってることからも万人受けするコーヒーであることがわかります。
実際飲みやすいですし、価格も比較的安価でカフェオレでブラックでも美味しいです。

淹れる

豆と道具が揃えばあとは淹れるだけです。

準備

まず、カップやサーバー、そしてドリッパーを温めておきます。
お湯を入れておくだけでいいでしょう。
お湯を沸かし始めましょう。

豆を挽く

お湯を沸かしてる間に豆を挽きます。
2〜3人分だと30gぐらいでよいと思いますが1人分でもあまり少ないと味が出ないので20gぐらいでやるとよいです。
挽く大きさですが、まずは中挽きで試してください。
だいたいの豆は中挽きでクセのない味になりますので、一度飲んでみて次からいろいろ調整してみてください。

基本は「少し多めに中挽き」です。
豆の量は後半に味が出るかどうか、挽く大きさは全体的な味の濃さ、と関係してきます。

お湯の温度

コーヒーを淹れる最適なお湯の温度は90度ぐらいと言われています。
沸騰してから一分ぐらい待つといいでしょう。

ドリップ

いよいよ淹れていきます。
フィルターを正しく折ってドリッパーに密着させ、ドリッパーをカップにセットします。
フィルターの中に豆を入れたら軽く振って平らにしましょう。

まず蒸らし分だけお湯を注ぎます。
真ん中かららせん状に円を描くように全面にお湯をかけるといった感じです。
濡らすだけです。
IMG_4483

蒸らし時間についてですがだいたい30〜40秒ぐらいを目安にしてください。

蒸らしが終わったら次も同じように真ん中から円を描くようにしてお湯を注いでいきます。
ここでもドバドバ入れてしまわないように注意します。
豆がふくらみ真ん中から泡がでてきます。
IMG_4484

もう一つの注意点として粉の線をお湯の線が上回らないようにすることです。
粉よりお湯が上にくると明らかに薄いお湯が落ちてしまいます。
また、お湯が落ちきってしまうのも苦味やエグ味のもとになります。
ぎりぎりのところまで入れて、それが落ちきる前にまたお湯を注ぐというサイクルです。
IMG_4486

これを目的の容量まで繰り返します。
最後の方はやや早めにお湯を注いでもいいですが、最後もお湯を落としきってはいけません。

お疲れ様でした。
飲みましょう。

お味はいかがでしょうか。
薄いと感じたら次は豆を細かく挽くか豆の量を増やすか、蒸らし時間を長めにするか、お湯をゆっくり注ぐよう気をつけてください。
濃すぎた場合はこの逆ですね。

あとはお好みの世界です。
微調整を繰り返しながら好みの味になるまでがんばってください。

かなりざっくりしましたが押さえておきたい基本だけお伝えさせていただきました。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>