全国高校ラグビー選手権大会は3枠もある大阪を1枠減らして福岡を2枠に増やしたほうがいいのでは

Posted on

Sponsored Link

27日から始まる全国高校ラグビー選手権大会ですが、そろそろみんな感じてるんじゃないかと思うこと。
「大阪って3枠もいる?」について。

まず大阪が3枠もある理由ですが、1枠は高校総体も兼ねている大会のため開催地枠として割り当てられています。
そしてもう1枠は興行面を重視して、というぼんやりした理由です。
確かに大阪代表の試合はどの試合も大勢の観客が入っていますので理にかなっているとは思いますが、まあちょっとどうなんだと思わなくもないですね。

近年の大会を見ていると大阪が3校ともいい結果を残していたりしないので、実質的に実力のある高校を増やしたほうがいいと思うんですね。

そこで真っ先に注目するのは3大会連続で全国制覇している東福岡高校のいる福岡です。
マニアには有名ですが福岡には筑紫高校という強豪校があり、毎年決勝戦で東福岡と僅差で決着がついています。
2012年 24-17
2011年 23-12
と東福岡が優勝した年も接戦を演じています。
全国でも東福岡とこれだけ競れるチームは少ないので実力はわかりますね。
今年の選抜大会福岡予選に至っては東福岡に勝っていて、東福岡の連勝記録をストップさせてたりする本物の学校です。

実は2010年は福岡に2枠が設けられていて、その時は東福岡と福岡高校が出場しました。
おそらく県ごとの出場校数なんかにも関係あるんでしょうが、大阪を1枠増やすのが「興行面」という理由なら実力が確かな福岡を1枠増やしてもいいんじゃないかと思いますね。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>