若者の献血離れが深刻らしい

Posted on

Sponsored Link

新社会人の皆様におかれましては新しい環境で働き始めて8ヶ月ぐらい経つと思いますがそろそろ場慣れしたでしょうか。
8ヶ月も経つと悪い意味で慣れてきて慣れ故のミスなんかもあったりするので気をつけてくださいね。
というわけで、今日は場慣れではなく若者の献血離れのお話です。

若者の○○離れという言い方、そもそも近付いた記憶すらないし時代の波に乗り遅れてるおっさんしか発しない言葉なのであまり好きではありませんが、献血離れとなるとちょっと危機感感じますね。
僕がいく献血ルームはわりと混んでるし、献血お願いしまーすみたいなのも一時期より見なくなったんで大丈夫なんだと思ってましたがそうでもないようです。

若者の献血離れ深刻 10年で93万人減、製剤不足の懸念 :日本経済新聞
2011年度の16~19歳と20代の献血者は計130万人で、前年度から7万人減、10年前と比べて93万人減だった。人口比の献血率も低下。この傾向が続けば将来、手術などで使う輸血用血液製剤が不足する恐れもある。

会員限定の記事で非会員の方は途中までしか読めませんが、後半には「40〜60代は5年連続増加」「若いうちから献血を経験しておくと継続しやすい傾向がある」「このまま高齢化が進むとやばい」「iPhoneがdocomoから発売される」と書いていました。

全体の数がどうなってるのかは書いてなかったんですが調べてみると減ってるようです。
献血者数の推移|厚生労働省
1b

これ見ると20代が下がってるのよくわかりますね。
というか、昔から同じ人がやっててその人達がそのまま年をとっただけにみえます。
僕も先日献血ルームでお友達紹介カードみたいなのもらったし新しく始める人減ってるんでしょうね。

んで、なんかおもしろいことやってるとこもあるみたいです。

針が怖い! 若者の献血離れをコミックマーケット82、AKB48が救う?

東京都内の献血ルームは同人誌の祭典「コミックマーケット82」と提携。アニメや漫画作品のポスターを献血者にプレゼント。徳島駅前の献血ルーム「アミコ」ではAKB48のポスターがプレゼントされる。

まず「針が怖い」というのはよくわかるんですが、某ニュースサイトのコメント欄なんか見てると「感染が怖い」
という意見が結構ありました。
これは輸血と間違ってるんですかね。
献血は新品の針を使い捨てだし、針とか安い物らしいので使い回したりしてもデメリットとしかないと思うんで感染のリスクは0ですよ。

んで、AKBがどうとかこういう企画ってその時は増えるかもしれないけど、継続的に来てくれる人がいるかっていうと微妙なところですね。
きっかけとしてはいいと思うんですが、まあこのやり方だとずっと来てくれる人は期待できないなと思います。

献血に行かない人にはあまり知られてないけど各献血ルームではいろんなサービスやイベントをやってて、それを“物で釣る”と揶揄する声もあったりするみたいですが、献血者が減ってる現状では仕方ないことだしAKBみたいに単発じゃないしおもしろいからいいんじゃないかと思います。
特にイベントなくても一回ふらっと行ってみればわりといいとこだったりするんですけど、それを献血に全く興味ない人に伝える手段がないのが辛いですね。

ああ、そういえば前に書いた献血ルームの記事を読んで私も献血に行きましたって人が連絡くれました。
いつもの読者は完全に無視したエントリーだったんですけど少しでも貢献できたのでこれで僕もAKBですね。
なんか献血って人に勧めるのとか謎のハードルあるし「献血に行こう」みたいなことは言えないんですが、献血の楽しさについて語るぐらいならだいぶハードルも下がるし「おいしいランチ食べたよ!」ぐらいのカジュアルさでみんな献血トークすればいいと思います。

ところで来週はクリスマスということでとても楽しみですね。
僕は各種デートの誘いを全て断って献血に行きます。
献血に丸一日使うわけではないし献血意外の時間はがっぽり空いているしそもそもデートの誘いとかなかったのでデートのお誘いもお待ちしております。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>