Triumphのクライマックスをどう見せるか問題

Posted on

Sponsored Link

ダイ・バーノン考案のTriumphは文句なしの名作で多くのマジシャンに演じられていますが、表向きに広げる人と裏向きに広げる2種類の人がいます。
自分自身も悩んでることだったりするのでちょっとまとめておこうかと。

裏向きに広げる

カード全体を裏向きにスプレッドして観客のカードだけが表向きになってるパターン。
こちらのほうが多数派ではないでしょうか。
メリットとしてはまずその美しさ。ただスプレッドするだけでも美しいカードのデザイン
さらに全体が揃ってカードも当たってるっていう現象を一瞬で見せれるのでインパクトがでかいです。
逆にそこはデメリットでもあって、現象を2つ一気に見せるのは演出面で難しいのと、なんかもったいない気もします。

解決法としては、たとえば丸山真一さんのようにゆっくりカードをスプレッドする方法。
あれだと揃った感動が下火になったところで目的のカードが現れてくれます。
ただまあキャラとかいろいろ難しいです。

表向きに広げる

メリットは現象を二段階で見せれること。
揃ったことを確認させ、さらに裏向きのカードがあることを示し、ワンテンポ置いてからカードを確認。
非常にわかりやすいし演じやすいですね。
しかしこれが広げた時に汚い、というか「揃った」というのにバラバラのインデックスってのはちょっとアレです。

観客にカードを選ばせるのではなく、前にサインカードを使ったマジックを演じた後で突然カードを表裏に混ぜだして、表向きに広げると揃ってるけど一枚だけ裏向き、失敗したと思ったらサインカードでしたーっていうサッカートリック風に演じてる人も見ましたね。少し冗長な気がしますが悩んだ末のことなのでしょう。
スタンドアップで演じるTriumphだと、裏向きにしてもあまり綺麗でないので、そこのトレード負担が少ない分こちらのほうがいいかもしれないとか考えてます。

結局好みとしかいいようのない話だし考えすぎと言われればそうなんですが、こんだけ悩ませるのも名作たるアレなのかなと。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>