2016年上半期に映画館で見た映画

Posted on

Sponsored Link

年末にやると色々忘れるので今のうちに半分だけ。
リバイバルや特別上映を含めると映画館で見た映画は39本でした。

  • イット・フォローズ
  • 最愛の子
  • 殺されたミンジュ
  • ブリッジ・オブ・スパイ
  • サウルの息子
  • 血まみれスケバンチェーンソー (未体験ゾーンの映画たち)
  • ブレイキングゴッド (未体験ゾーンの映画たち)
  • パラドックス (未体験ゾーンの映画たち)
  • アメリカンバーガー (未体験ゾーンの映画たち)
  • ゾンビマックス 怒りのデスゾンビ(未体験ゾーンの映画たち)
  • クリムゾンピーク
  • ザ・ウォーク
  • オデッセイ
  • ヘイトフルエイト
  • マジカルガール
  • マネーショート
  • あやつり糸の世界(リバイバル)
  • ショック集団(リバイバル)
  • アーロと少年
  • コップカー
  • スポットライト 世紀のスクープ
  • ノック・ノック
  • シャーロック 忌まわしき花嫁
  • セーラー服と機関銃 卒業
  • 名探偵コナン 純国の悪夢
  • レヴェナント 蘇りし者
  • バットマンvsスーパーマン
  • 天使にアイムファイン
  • ズートピア
  • テラフォーマーズ
  • シビルウォー
  • サウスポー
  • デッドプール
  • FAKE
  • クリーピー 偽りの隣人
  • 日本で一番悪い奴ら
  • 葛城事件
  • 貞子vs伽倻子

リバイバル上映ってわざわざ今やるぐらいだから面白い物なわけですが、第七藝術劇場で上映される映画は特に趣味が合ってショック集団もあやつり糸の世界もとても衝撃を受けました。

未公開ゾーンの映画たちも人肉バーガーとかスケバンが血まみれになってチェーンソーで戦う映画とか楽しいものばかりで上映してくれることに感謝。

最近見た日本映画が本当に面白いのばっかで、特にクリーピー、日本で一番悪い奴ら、葛城事件、FAKEはどれも素晴らしかったです。
FAKEはゴーストライター騒動の佐村河内さんを扱ったドキュメンタリーで、色々考えるきっかけにもなりますがエンターテイメントとしてめちゃくちゃ面白いのが偉いと思います。これ見たら単純に白黒つける議論のつまらなさがよくわかる大変よくできた話でした。

日本で一番悪い奴らは「稲葉事件」が題材で、綾野剛さんが悪い刑事を物凄い演技でやりきってます。色んな評論とか読んでるとグッドフェローズやウルフオブウォールストリートなどマーティン・スコセッシ監督作と比較されてますが、それも持ち上げすぎでないと思えるぐらいの高揚感がありました。
葛城事件もクリーピーもまだ映画館でやってるので是非映画館で。

洋画はザ・ウォークとマジカルガールとロブスターとコップカーが良かったです。
どれも独特の余韻が残る苦い作品で、はなまるマーケットなくなってモヤモヤしてる皆さんにオススメしたいと思います。

あと、劇場未公開でNetflixで見たものでは「チャックノリスvs共産主義」「拾ったものはボクの物」「現地(にいない)特派員」が面白かったです。

なんか上半期で結構お腹いっぱいになった気もしますが、後半戦もスーサイドスクワッドやインド映画のPKなど結構楽しみなものが多く、はなまるマーケット復活と共に楽しみにしていきたいと思います。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>