林修の今でしょ!講座 3時間スペシャルに岡江久美子さん

Posted on

Sponsored Link

5月末になると「もう1年の半分終わっちゃいましたね」と1ヶ月勘違いすることが多い岡江久美子さんですが、そんな季節にスペシャル番組に出演されていました。

バックナンバー|林修の今でしょ!講座|テレビ朝日

毎週のレギュラー放送では1時間放送なところ、今回のスペシャルでは3時間。
ただ、テーマが3本あって3本とも出演者が変わるためスペシャル感はそんなないです。
岡江さんが出てたパートでは「洗濯」部門。
梅雨だからこそ学びたい講義、いつ学ぶか今でしょつって始まりました。

番組の流れはそれぞれのスペシャリストが出てきて、クイズ形式でこういう時どうすればいいかというのを林先生とゲストが考えてスペシャリストが解説するという、はなまるマーケットで言えばクイズママダスととくまるを合わせたような感じです。
テーマ的にも暮らしの悩み的なことが多く、番組が始まったのも2014年の4月からなんで、はなまる亡き後人々の悩みを解消する番組として大変人気があるみたいです。

洗濯のスペシャリストとして出てきたのは洗濯王子こと中村祐一さん。
洗濯家 中村祐一オフィシャルブログ「洗濯王子の美服のヒケツ」Powered by Ameba

なんかブログデザインから清潔感が漂ってます。30代男性の顔がこんなでかく出てて汚くないサイトもそうないんじゃないでしょうか。
このブログどっかで見たことあるなと思ってたんですが、2012年にはなまるマーケットにも出演されてるんですね。
TBS はなまるマーケット、とくまるのコーナーに出演します!|洗濯家 中村祐一オフィシャルブログ「洗濯王子の美服のヒケツ」Powered by Ameba

今日のはなまるマーケットでは梅雨に入る前に、洗っておきたい、
アレとかアレとかアレなんかを洗う特集です(笑)

出た時期も同じなら内容も今回のスペシャルとほぼ同じですが、はなまるの方見直してみるとかぶってるネタは一つもなかったです。
ランキング形式で洗濯の技を教えてくれていました。

7位 襟の黒ずみの落とし方

シャツの襟の黒ずみに悩んでる人多いですね。
ここで岡江さんが初めて発言らしい発言をして「私の友達は旦那さんの首にラップを巻いてシャツを着させてる」という、あなたの周りはそんな人ばっかりなのかというエキセントリックな解決法を提案してました。
そもそも「落とし方」という議題で黒ずませる方が悪いと言わんばかりの勢いでぶっこんでくるあたりとても岡江さん的だと思います。

襟の黒ずみは食器の油汚れに似てて、油が汚れを吸い付けてしまうから食器用洗剤で洗うというのが答えでした。
洗剤つけて歯ブラシでこすったらいいらしいです。
洗濯機には入れるより直接患部をこするほうが効果的って言ってました。

6位 色落ち色移りを防ぐ

林先生が「インポートものは色が落ちる印象がある」と言えば岡江さんはすかさず「怪しげな民族衣装は洗ったら色落ちがすごかった」と返します。
当然のように「なんで怪しい民族衣装買ったんですか」と突っ込まれると「かわいいかわいいスカートだったから!」と力強さと林先生との相性の良さを見せていました。

色落ちしやすいのは天然素材の生地が多く、塩を入れることで染料を溶かす力を弱める効果があるそうです。
水は溶かす量が決まってるから先に食塩水にしといて…ってことで色落ちしにくくなるとかなんとか。
1リットルに対し塩大さじ1杯の割合で入れるのがいいって言ってました。

5位 生乾きの臭い

乾く速度が遅いから早く乾かせばいいということで、ぐちゃぐちゃに丸めた新聞紙を洗濯物の下に置けば水分吸ってくれて早く乾くらしいです。
新聞がなければ乾いたタオルとか一緒に干すだけでもよくて、干し方も空気が通りやすいようにアーチ干しってのをやるといいとのこと。
部屋干しの場合は部屋の湿度を下げないと速く乾かないから臭いがするとのことでしたが、前にはなまるでそんな感じの話になった時に「同じ部屋に人がいたら水分取られちゃう。塩辛みたいに」と心配自体はわかるけど表現の仕方が行き過ぎていて同意を得られなかったという事件がありました。

そういえば昔はなまるのオープニングで岡江さんが鍋敷きに新聞使ってたらテーブルに文字が写ってしまって取り方がわからないから特集してほしいみたいなこと言ってたけどあの時洗濯王子がいれば……
新聞と岡江さんと言えば「春分の日を新聞の日だと思ってた」とか、ブックカバーを英字新聞にしてる人に「意味わからないけどやらしい言葉が書いてたらどうするの?」って言ってた話も好きですが、薬丸さんが電車で隣の人の新聞をちら見してたら嫌な顔されたって話してた時に「お前も買えよってことじゃないの?違う新聞買って読み終わったら交換しようよ」という前向きな提案をしていた岡江さんが最強だと思っています。異論は認めません。

4位 泥汚れの取り方

泥汚れは洗濯機に入れても落ちない汚れで、濡らすのはタブーだから洗う前にドライヤーの冷風で乾かして泥を落としてから粉末洗剤で仕上げるのと綺麗に落ちるそう。

ちなみに岡江さんと大和田獏さんの結婚式の引き出物はドライヤーで、それを今でも持ってる友達が禿げてドライヤーの使い道がなくなったみたいな話をはなまるでしてましたね。
そのお友達に新たなドライヤーの使い道を示した心温まる洗濯術だと思います。

3位 大物を速く乾かす方法

例えばシーツとかだと、平行に干すんじゃなくて対角線に折るようにして干すと空気が入って乾きやすいみたいです。

2位 シミ抜き

「自分が食べる時は気をつけてたのに隣の人のカレーがついた」というエピソードを語る時の岡江さんが心底嫌そうな顔をしていましたが、はなまるマーケットでも同様の事件が2013年4月19日に起こりました。
はなまるカフェのゲスト唐沢寿明さんのおめざがめっちゃ赤くて辛いラーメンで、勝俣州和さんがゲホゲホ咳込んだ時に岡江さんの袖あたりに被弾して凄い不機嫌そうな顔になった事件です。
そんな不愉快なことがあっても、洗剤つけて水で洗って酸素系漂白剤つけてアイロンのスチームで温め洗うとシミ抜きできるらしいので大変よかったですね。

「温めるのにお湯じゃだめなんですか?」という岡江さんの疑問は、お湯かけると漂白剤が薄まりすぎるってことでダメみたいです。

1位 縮んだ衣類を元に戻す

40度のお湯に髪の毛用のトリートメントを溶かして、縮んだ衣類を1分浸して伸ばして脱水して干せば復活するらしいです。

トリートメントといえば、岡江さんスポーツジムで制汗スプレーかけたらヘアトリートメントスプレーだったというエピソードを前に話していたことを思い出しました。
スポーツ飲料と浅漬の素を間違えたり、入浴剤をシャンパンと間違えて飲んだり、岡江さんの勘違いっぷりの絶妙さったらないですね。

ここまで触れてきませんでしたが、この番組は男性ゲストは詰襟着て女性ゲストはセーラー服ってのが決まりらしく、岡江さんもご着用になられていました。
コスプレ方面には詳しくありませんが、大変お似合いになられていたと思います。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>