ちちんぷいぷい×魔法のレストラン ゴールデンウイーク京都スペシャルに岡江久美子さん

Posted on

Sponsored Link

ちちんぷいぷいのグルメコーナーと魔法のレストランてほとんど似たようなものだという認識だし、魔法のレストランてはなまる名誉会員の水野真紀さんがやってる番組だし、そこに岡江さんが入り込んだところで何のひっかかりも違和感も感じない何かになるのではないかと思う人が多い気がしますが、だいたいそんな感じです。

岡江さん出て来たの後半からなんでそこだけ感想書きます。
この日紹介されてたお店は公式にまとめられていました。
お店一覧|水野真紀の魔法のレストランR|MBS毎日放送

岡江さんが最初に行ったのが片岡愛之助さんが通う「れんらく船」というお店。
京都三条 近江牛専門網焼きステーキ れんらく船:京都木屋町三条でレストラン・カフェ・バー・美容サロン・習い事ならタカセビルへ

なんかお店の中が船になってて、岡江さんが「ホントだ!なんか揺れてるみたい!」ってはしゃいでたのを後ろ歩いてる水野さんがスルーしてる感じが熱かったです。
ここで200g12900円とかのお肉食べて「やわらかい」って言った瞬間、お、岡江さんそんな下手くそだったけと心配された方も多いと思いますが、この後ちゃんとはなまるファンにはお馴染みの「歯いらない、歯茎で食べられる」が出ました。
この日は桂ざこば師匠も一緒に試食してて、師匠は「俺歯ないねん、歯茎で十分」と返したのですが、岡江さんは淡々と「油が甘いです」とレビューを続行。
その後は牛肉の唐揚げ食べてアリ判定を下したりしていたものの、明らかにざこば師匠と岡江師匠の食合せは悪そうです。

次は岡江さんも行ったことがあるという船越英一郎さんに紹介されたというこちらのお店。
下鴨店 | 京都焼肉 北山
ここ前も岡江さんがなんかで行ったことあるって言ってたから僕も行ったことあるんですが、値段もあほみたいには高くなくて肉めっちゃうまいのでオススメです。
この店の紹介中に岡江さんのお孫さん誕生を祝う流れが。
ざこば師匠が「どうやって呼んでもらいたいか」と質問すると「クッキーかクミッキー」とお孫さん誕生の時と全く同じテンションで語られておりました。

最後のお店は桂米朝師匠が通ってたというこちらの焼肉。
京都 焼肉の名門 天壇 祗園本店

鴨川沿いにあって床出してもらってバーベキューしてました。
ざこば師匠が米朝師匠のエピソードを語ってる音声と岡江さんがレタスに巻いた肉かぶりつく映像のシンクロ感がなかなかよかったです。
あとなんかバーベキューの煙が凄いってことで水野さんと二人で浴びるようなジェスチャーしてたけど、よく考えたらおかしい絵面でした。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>