Netflixで見れるオススメのドキュメンタリー映画

Posted on

Sponsored Link

Netflixの魅力の一つに日本で劇場公開もソフト化もされてないドキュメンタリー映画が充実してるというのがあります。
そもそも公開される予定がないので向こうとほとんどタイムラグなく配信されるのもメリットで、ニーナシモンとかハンティンググラウンドとかアカデミー賞で話題になったものもすぐ見れたりしました。
自分が見て面白かったのをいくつかご紹介。
ゴールデンウイークにどうぞ。

拾ったものはボクのもの

原題 Finders Keepers
監督 アレクサンダー・イェレン

Netflix

飛行機の事故で片足を切断することになってしまって、その足をグリルに入れてレンタル倉庫に保管してたら倉庫の家賃滞納して中身オークションに出されてしまったという面白話。
その足入りグリルをたまたま買ってしまった人がまたおもろくて、その人の夢がテレビ出て有名になることで、買ったグリルに足入ってたからめっちゃテレビ出て調子乗ってる感が楽しいです。
足の見物料取ったりTシャツとか作っておっさんのノリノリっぷり見てるだけでいいんだけど、結局二人はどうなっていくのかみたいなとこに考えるところもあってなかなか見応えあります。

キル・チーム

原題 The Kill Team
監督 ダン・クラウス

Netflix

米軍がアフガニスタンで退屈しのぎに民間人を殺した事件の証言集。
相手が先に撃ったように殺してから銃握らせるとか、同調圧力がやばくて殺しに参加しない軍の仲間も殺されそうになるとか耳を疑う内容ですが、この場にいたら一緒にやっちゃうかもと思わされるのが怖いです。

皆殺しのバラッド

原題 Narco Cultura
監督 シャウル・シュワルツ

Netflix

メキシコ麻薬戦争の話。
衝撃の内容ばかりで衝撃受けてほしいので概要省略しますが、あちこちでマリファナ合法になってる理由がわかります。
要は麻薬組織に資金が流れるからその過程でたくさん人が死ぬからで、その人数がシャレにならないからなんですね。

チャックノリス vs 共産主義

原題 Chuck Norris vs Communism

Netflix

チャックノリスが共産主義をボコボコに殴るということではなく、ルーマニア革命にチャックノリス映画が影響していたという話。
規制厳しい独裁時代に密かにチャックノリスやスタローンの映画が輸入されていてそれ見て自由を知った人が多く、革命に立ち上がるきっかけの一つになったと多くの人が証言する様子が映されています。

面白いのはルーマニア語吹き替えを一人のおばさんがやってて、チャックノリスも敵も全部おばさんの声。
日本でも吹き替え初期はそんな感じだったらしいけど、今でもやったら結構受けそうな気がします。

チャック・ノリス・ファクトっぽいタイトルになってるのも見終わると納得。
チャックノリスの行き過ぎた強さは確かに世界を変えました。

ジャッカス3

原題 JACKASS 3D
監督 ジェフ・トレイメン

Netflix

過激なスタントの数珠繋ぎで、とくに一本筋が通ったものじゃないので暇な時に好きな場所から見ましょう。何故か元気が湧いてきます。
3D公開されていたので飛び出してくる感じをイメージしながら。
うんことかゲロとかあるので食事中はやめた方がいいです。

マン・オン・ワイヤー

原題 MAN ON WIRE
監督 ジェームズ・マッシュ
Netflix

ちょっと前に公開されてた「ザ・ウォーク」のドキュメンタリー版。
ワールドトレードセンターが出来た時に頂上に潜入してその両端をロープで繋いで綱渡りしたフィリップ・プティさんて大道芸人の話。
ザ・ウォーク見てから見るとあれもこれも実際にやってて映像もそこそこ残っててびっくりできます。
プティさんや潜入に参加したメンバーがワールドトレードセンターの思い出を語る姿が苦くてグッときます。

ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁

原題 Going Clear : Scientology and the Prison of Belief
監督 アレックス・ギブニー

Netflix

トムクルーズとかジョントラボルタが信仰してることで有名なサイエントロジーって宗教の元信者暴露話。
ポールハギス監督とかも元信者って知らなかったけど、地位のある人ほどズブズブはまる構造っぽいですね。
サイエントロジーではやらかすとトイレ掃除させられたり日本でも身近に感じられる話出てきて怖いです。

トムクルーズとニコールキッドマンの離婚にもこの宗教が絡んでるらしく、どこまで本当かわからないけどそれが語られるとこはかなり面白いです。
一風変わったトムクルーズを堪能したければ必見。
ヤバめの目でサイエントロジーを語るトムクルーズはかなり狂って見えるけど、いい年こいて血液型がどうとか真面目な顔して話す人もああ見えるので各方面のインチキ宗教の方の自戒にもオススメ。
救いを求めて宗教に走ることは否定しませんが、そこにつけこんで財産ふんだくろうと目論む人間もいることは知っておくべきです。

本当Netflixはドキュメンタリー充実してて、だいたい90分ちょいぐらいのはなまるマーケットサイズで見やすいし普通に生活してたら交わらない人の生態とか見れておもろいです。
Netflixオリジナルでもかなり撮られてるので、はなまるマーケットもやってくれませんかね。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>