サイドバー(ウィジェット)にInstagramに投稿した写真の一覧を表示するWordPressプラグイン「Instapress」

Posted on

Sponsored Link

twitterの連携切ったりアプリ面でも改悪の目立つInstagramですが、過去に投稿した写真に対する愛情は薄れないし、いろんなとこに貼っておきたいと思う人も多いかと思います。
WordPressにこんな感じで表示させてくれるプラグインがあるのでご紹介しておきます。
スクリーンショット 2012-12-15 14.55.40

Instapressのダウンロード

ダウンロードはこちらから。WordPress › Instapress « WordPress Plugins
インストール方法はダウンロードしたプラグイン→新規追加→アップロードでダウンロードしたzipファイルをアップロードして有効化するいつもの手順です。

設定

プラグインを有効化するとウィジェットにInstagramというのが現れるのでドラッグしてサイドバーにもっていきましょう。
スクリーンショット 2012-12-15 14.54.24

細かい設定をしていきましょう。上から行きます
スクリーンショット 2012-12-15 14.57.30

Titleはサイドバーに表示される見出しです。Instagramとか「私のフェイバリットPhoto♪」とかでいいでしょう。

PicturSizeは一つ一つの写真の大きさです。サイドバーのサイズに合わせていろいろ試してみてください。

Usernameに自分のInstagramのアカウントを入力してください。

TagはInstagramでタグ付けしてる場合にそのタグだけ表示するようにします。日本語のタグやるとおかしくなります。

Picsに表示する写真の数を入力します。サイズと合わせてピッタリになる数を入力したほうがいいです。

Effectは二種類用意されています。試しにやってみてください。使わなくても大丈夫

ShowTitelはInstagramの写真につけてるキャプションを表示するかどうかです。お好みでどぞ

Random Orderにチェックを入れると表示される順番がバラバラになります。はずすと投稿降順で並びます。

最後に保存をクリックしてサイドバーを見てみると
スクリーンショット 2012-12-15 15.03.59

こんな感じで表示されましたね。
お好きなように設定してみてください。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>