踊るさんま御殿に岡江久美子さんご出演

Posted on

Sponsored Link

先週の大和田美帆さんに続いて親玉登場。さんま御殿は15年ぶりだそう。
ママだらけの本音ぶっちゃけSPってことらしいです。

踊る!さんま御殿!!

世間的には岡江さんって良妻賢母なイメージなんですかね。
良い妻で賢い母なのは間違いないだろうけど、なんかこうそれだけじゃない感じもビンビン伝わってくるし、イメージ崩壊とか裏の顔って言ってもそれいつもの岡江さんじゃん的な感じを予想してたら案の定そんな感じだったので大変安心しました。

美帆という名前の由来

名前をつける時に悩んだかどうかという話。
さんまさんに「悩まれましたか?」と聞かれた岡江さん。
「美しいって字はつけようと思ってたんですけど、8月生まれなんで、ヨットの帆?でも帆立が好きなの

これははなまるでも何回かネタで話してましたね。
毎回ネタ加減が違うんですが、お笑い色の強い番組だからか面白い感じで話しておられました。

毎日料理するのは大変?

芸能人ママ達が集まった回ということでこういうテーマ。
岡江さんは「うちはもう子供も大きいですから自由ですけどね。朝もバラバラだし、食べるものも自分のものだけ作ればいいんですよ私は」と。
さんまさんに「獏さんは?」と聞かれると「食べるもん違うもん」とバッサリ。
岡江さんはバラバラの理由は17年半はなまるやってたからと言い訳しつつ、「今ちょっと不満なのは台所の時間がかぶるからね、邪魔なの、うざいのなんかいるのが」。

なんかってちょっとそれ。
いやしかし適当エピソードを語りつつ、はなまるマーケットやってた期間はきっちり「17年半」って言うあたりに泣かされました。

ママ失格だなと思ったこと

「母の日にプレゼントもらうじゃないですか、小さい時は絵一生懸命書いてくれて嬉しかったんですけど、だいたい中学生ぐらいになってお金が溜まってくるとちょっと、彼女にとっては高価なものくれるんですけど、なんかネックレスかなんかもらった時に私が『食べ物のほうがよかったのに』って言ったんですよ。だって、そんなほしくなかったもん

昔の話とはいえ、なんか、なんか、なんかって記憶が曖昧なのがまたひどい!

「今思うとひどいんですよ。(ネックレスを)全然したこともなかったし、どこにあるのかもわかんないし

なんでかと聞かれた岡江さんは
「あの時なんかいたんだね、私の頭の中に、なんか魔の母親が」

魔の母親というか素の岡江さんを隠せなかっただけでは。

ちなみにネックレス事件以降はこういうことらしいです

岡江さんもそのことに触れ、「最近はね。食べ物ばっかり。去年もウニの一箱だもん」と言うと、さんまさんに「知らんがな、(首に)ウニ吊っときなはれ」と言われてました。
似合いそう。

追記
踊るさんま御殿で岡江久美子さんがつけてたネックレス

結婚式の涙の真相

先週の放送で大和田美帆さんが結婚式の時に岡江さんの涙は仕方なく流したみたいなことを言われたという話がありました。「獏ちゃんが泣かないから泣いたほうがいいと思って」と。

岡江さん「向こうのご両親も泣かなかったし、じゃあここで泣くかなと思って。でも感動もしたんですよ」
さんま「本当に感動したんですよね?」
岡江さん「半々」
さんま「本当泣きでいいんじゃないんですか??」
岡江さん「半分本当泣きですよ」
さんま「半分いらないの」
岡江さん「花嫁の母みたいなのはドラマでも経験してるんで、感動が薄いっていうのも、職業病??」
藤本美貴「でも娘さんですよね?」
岡江さん「夫もいて娘もいて、なんかね、ドラマみたいだったんですよ。だからね、3カメ撮ってるかなとか思って気にしながら、実際カメラ撮ってるじゃないですか、今日かんざし綺麗だからちょっとこっちからとかね」

身振り手振り話す岡江さんは心底楽しそうで、カメラを意識してたのは結構ガチっぽいです。
問題の半々発言も照れ隠しだと信じたいですね。

プレゼントの話に戻り

さんま「3歳の時の父の日に作ってくれたやつとか、今でも飾ってるもん」
岡江さん「31年経つとどっか行っちゃう」
さんま「靴下でも嬉しいもん」
岡江さん「靴下嬉しい、実用的なの嬉しい」
さんま「今そういう会話ちゃいまんねん、その感覚ないでしょおたくには」
岡江さん「半々」

レベルの高い攻防にクラックラしました。

はなまるカフェに芸人さんが出た時にもたまに見せるアレ

青木さやかさんが大和田美帆さんと一緒に舞台をしていた時の話をしてました。
青木さんが前説をしてると、お客さんは結構笑ってるのに、厳しい顔で見つめる岡江さんがいらっしゃったそう。
美帆さんに「なんだろう」と尋ね、美帆さんが岡江さんに厳しい顔の真相を聞くと「あんまり面白くなかったから」

この件の言い訳は「年々、口角も下がってくるし、普通の顔しててもブタれて見えるんですね。だから口角上げよ(カメラ目線でニッコリ」

面白くないってはっきり言ってるのに問題を口角にすり替えるのアレすぎますが、ニッコリが可愛すぎて許さざるを得ない。

子供に言われてショックだったこと

いやそれどうせ岡江さんにも問題があるパターンでしょと聞いてたらこういう話でした。

「いい主婦役とかが続いてて、玄関までご主人を送り出して上着着せたりかばん持ってあげたりとか、よくやるじゃないですか。それを娘がよくドラマを見てて『なんで家だとやらないの?』と。そりゃそうですよね、仕事だし。ちゃんとギャラもらったらやるよって」

色々言いたいことはあるんですが、テーマは「ショックだったこと」なのに一切ショックを受けた様子もなく、テーマに添って話そうとした痕跡すら残ってない感じに痺れました。

さんまさんが「役者の人っていい女って芝居中にわかるじゃないですか。なぜそういう人生を歩もうとしないの?」と質問すると「夫が違うもんね。そういうの求めてないと思う彼は」と勝手なことを言って本編終了。

ハイライト的な「踊る!ヒット賞!!」というのに岡江さんの「半々」発言が選ばれてました。
おめでとうございます。こういう賞は半分どころか全力で喜ぶ岡江さんでいてください。

終了後のアフタートークでは「今夜は帰りたくない、ここに泊まりたいです」と、目的も意味も不明すぎる一言を残していました。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>