週刊文春に岡江久美子さん

Posted on

Sponsored Link

あけましておめでとうございます。
今年も大いにはなまるマーケットを楽しみましょう。


さて、現在発売されてる週刊文春に岡江さんのインタビューが載ってます。
発売は2週前ですが合併号なのでまだ売ってるとこもあるはずです。

岡江さんの記事だけならWeb版にあったのでご紹介させていただきます。

「はなまる」終了9カ月岡江久美子が語る薬丸との不仲説 | 特集 – 週刊文春WEB

特集の括りは「超特大ワイド34本 消えた女・男・事件」。
岡江さん自体は消えてないしドラマに映画に活躍中なのに何を失礼な。
ちなみに他には谷亮子さんとか辻仁成さんとかセウォル号とか納得度の高い人が並んでました。

薬丸氏との不仲説について

もういいよっていうぐらい繰り返されるこの話題、はなまる終わってもやるみたいです。
なんでみんなこの話が気になるんでしょう、気になりすぎて僕に聞いてきた人もいますからね。知らないですよ。

岡江さんも散々聞かれたでしょうが、こんな回答。

「なんでですかねえ? ある雑誌には『机の下で蹴り合っている』と書かれました(笑)。常識的に考えて蹴らないですよね。

岡江さんが常識の範囲で収まる人間なのかはひとまず置いといて、極めて正論だと思います。
ちなみに常識的な考えができないある雑誌は女性セブンです。

 ホントに薬丸君とは仲がよかったんですよ。私がポンポン発言して、10歳下の薬丸君がフォローしてくれるという関係がずっと続いたんですから。毎年、お互いの誕生日にはプレゼントし合っていましたし。

僕も岡江さんに誕生日プレゼント送ったことあるし、仲良しに加えてください。

薬丸ヅラ問題

私が薬丸君を『ヅラ』と呼んでいるという記事も出た。カツラという噂を聞いた私が冗談半分で『ヅラなの?』と聞いたことはあったかもしれませんが(笑)、彼はヅラじゃありませんよ。

これに関しては僕も気になってて、はなまるカフェに公認で頭髪をいじっていい人が来るとヒヤヒヤしてました。
あと、夫婦仲の特集で相手の髪型の変化に気付くかどうかみたいな話になった時に岡江さんが頑張って話してたから気を使ってるのかなとか思ってましたごめんなさい。
裏で特ダネやってるのもノイズになって、ヅラ疑惑を捨てきれず見てしまってました。

岡江さんの近況

寂しい気持ちもありますけど、私としてはやりきった感じがありますし、燃え尽きました。今は平日はゆっくり銀行や病院に行ける。そんな平凡なことが楽しいですね。他にも、スケジュールを気にせず映画に出られるようになった。最近公開された映画『アオハライド』に出演しているんですが、10日間も長崎ロケに行きました。これも番組があったら無理でしたね。

本当にお疲れ様でございました。
寂しい気持ちがあるのは僕も同じでございます。
はなまる終わってからの変化が「銀行」ってあたりが岡江さんらしくて素敵です。

アオハライドは本当に素晴らしかったですね。
まだ21回しか見てませんが岡江さんからいろいろ受け取らさせていただいております。

今後も岡江さんの女優としての活動を楽しみにしてます。

 これからは、新しい岡江の顔をお見せしたい。本当は女優として悪役を演じたいんだけど、なかなかオファーがこない。まだ、『はなまる』のイメージが強いんでしょうね(笑)

映画ドラマのキャスティング担当者はちゃんとはなまるマーケット見てないんでしょうか。
デートでレストラン行ったらメニューを全部男に決められたってお悩み相談を「この人達もう別れたでしょ」と切り捨てた岡江さんとか、旦那が牛乳パックに口つけて飲んで困ってるって相談に「腐った牛乳を入れる」と答えた岡江さんとかどう見ても悪役なのに。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>