はなまるマーケット最終回

Posted on

Sponsored Link

ついにこの日が来てしまいました。

「はなまるマーケットはゴールを迎えることになりました」
謎発言の多い岡江さんの口から出た言葉だし半信半疑だったのですが、どうやら本当にゴールしてしまうようです。

今日は感謝を込めてありがとうスペシャルってことで、曜日レギュラー総出演。
岡江さんが「お正月みたいですね」と言ってました。
最後の最後までこの人は本当にもう。

全部で4471回、「ゴールに向かっていきましょう。はなまるマーケットオープン!」で終わりの始まりが始まりました。

チャチャッとレシピ

最初は岡江さんのベストオブチャチャッとレシピ。
全30種類の中から「かまぼことミツバのチャチャッと和え」「トゥルっとささ身」の2つを岡江さんは選んで、スタジオでみんなで試食してました。
「チャチャッとレシピはどのようにスタートしたんですか?」と聞かれて「自然に」とお答えになる岡江さん。自然すぎる。

プリント用レシピ|TBSテレビ:はなまるマーケット
プリント用レシピ|TBSテレビ:はなまるマーケット

イケメンが料理

向井理さんとか速水もこみちさんとか、イケメンが料理することによって我々のライフがとっくに0になりましたね。

岡江さん「イケメンだと水でも美味しいよね」

安安対決

安東アナと安住アナの対決、最終バトルは「岡江久美子vs薬丸裕英」

安東アナプレゼン岡江さんの魅力

  • ハエを手掴み
  • 噛み芸
  • 「家に獏いるし」などの獏芸
  • 娘さんのお弁当を作りながら出演
  • 「鳴かぬなら 私が泣こう ホトトギス」

安住アナプレゼン薬丸さんの魅力

  • 巨峰事件
  • 放送前に「屁が出そう」とか言う
  • 子どもを増やしながら出演
  • 便器と抱き合ってトイレ掃除するほどの几帳面
  • 真面目

懐かしの流行エクササイズ

いろいろ踊ってましたね。
海保知里さんの踊りがとにかく面白かったです。

はなまるカフェ

第1回は山田邦子さん、17年半で4381組のゲストが登場したそうです。

全国ふれあいの旅

岡江さんと薬丸さん、いろんなところに行っていろんなもの食べてました。
個人的には岡江さんが鎌倉に行った時にアイスを食べてカメラ目線で「溶ける〜♡溶けるよね、アイスはね…」って言ってたのが好きです。

意外と薬丸さんと岡江さんが一緒に旅したのはこの前の東京の1回だけで、安住さんが「お互い目を合わせて話すこと少ないですよね」と言うと岡江さんは「恋に落ちちゃうもんね」と言ってました。

いよいよゴール

スタジオには岡江さんと薬丸さんの二人だけになって、昔の映像を振り返ります。
最後は花道を通って、二人でゴールテープを切り、挨拶。

薬丸さん「30歳という年齢でこの番組をはじめさせていただきました。朝のこの時間帯にふさわしくない私をずっと暖かい目で見守ってくださり、育ててくださり、そして番組を支えてくださり、視聴者の皆様本当にありがとうございました。そしてスタッフの皆様、はなまるアナの皆様、TBSアナウンサーの皆様、多くのこの番組に携わってくださったスタッフの皆様、そしてスポンサー各社の皆様、本当にサポートありがとうございます。今日ではなまるマーケットは閉店しますが、今後皆様の生活の中に、はなまるという単語を見たり聞いたりした時は、私達二人を、この番組を思い出してください。いつも心にはなまるを。本当にありがとうざいました」

岡江さん「17年半、テレビの前で応援してくださった方、はなまるを本当にありがとうございました。今こうやってゴールを迎えられてほっとしています。当時娘は13歳で今は30過ぎ、成長しました。そして私も主婦として、一回りも二回りも暑い主婦にこの番組は育ててくれました。この番組に出会えて本当によかったです。ここの楽しい思い出を一生忘れることはありません。ですからみなさんも、朝愛を届ける素晴らしいはなまるマーケットという番組があったこと、一生忘れないでください。お願いします。本当に17年半ありがとうございました」

忘れねえよ。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


One thought on “はなまるマーケット最終回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>