フレンチ、イタリアン、和食の名シェフ直伝の煮込み はなまるマーケット 2014/2/14

Posted on

Sponsored Link

バレンタインとは無関係にイタリアン、フレンチ、和食の巨匠が煮込みを教えてくれます。
スタジオには安蘭けいさんがいらっしゃいました。

まずはイタリアン。
AROMA FRESCAの原田シェフ。
去年大絶賛されたミートソースの人ですね。

手羽先と白菜のクリーム煮込みという名前だけで美味しそうな料理でございます。

プリント用レシピ|TBSテレビ:はなまるマーケット

途中で蒸し焼きにすることで鶏肉の旨味を逃さないのがポイントだそうです。
フライパン一個でできて簡単なのもよいですね。

岡江さんが試食時に「んーんーんーーー」と言ってましたが、これは美味しいと言ってるか僕に「大好き」と言ってるかのどちらかで解釈して間違いないでしょう。

勝俣さんは「チョコとこの煮込みを作ってくれたら嬉しいですね」と言ってましたけども、せっかくバレンタインと無関係な特集で忘れかけてるのにいらんことを言うなと思いました。

続いてフレンチ。
カーヴ・ド・コンマの小峰シェフによr野菜と牛バラ肉の煮込み。
日本に野菜フレンチというジャンルを定着させたのはこの人らしいです。
素晴らしいですね。日本でバレンタインにチョコを渡す風潮作った人のゴミクソっぷりと大違い。

プリント用レシピ|TBSテレビ:はなまるマーケット

このレシピ、材料はわりとシンプルなのですがかなり本格的なお味だそう。
牛肉も安いのでいいみたいです。

イタリアンとフレンチに共通してるポイントが「鍋を満員電車状態にする(ママ)」ということで、満員電車は嫌ですが岡江さんと一緒ならギューギューに押しつぶされたいところですね。

最後は和食。
鈴なりの村田さんによる豚バラ肉の酢煮込み。

今日ここまで大絶賛でしたが、皆さんこれが一番感動されてました。
岡江さんとか超幸せそうな顔しててこっちまで幸せになれましたね。

プリント用レシピ|TBSテレビ:はなまるマーケット

村田シェフ、ミシュラン1つ星を獲得されて和食界のニューリーダーと呼ばれてるそうです。
しかしはなまるマーケットで絶賛された今、ミシュランという肩書きにこだわる必要はなくなりました。
今日はバレンタインですが、数年前銀座にチョコレートの店がたくさんできたって時に岡江さんがチョコを一口食べて「なにこれまずっ!」と言ったことを考えれば、師匠に美味しいと言われることがいかに名誉なことかおわかりいただけるかと思います。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>