野村萬斎の息子、ソシャゲ問題 はなまるマーケット 2014/2/12

Posted on

Sponsored Link

オープニングトーク

オリンピックで日本人がメダルとったみたいですね。
岡江さんもお喜びになられてました。おめでとうございます。
岡江さんが平野選手のプチものまねするシーンも見られたので、本当よかったです。

あと、こんなのが紹介されてました。
インスタントラーメンオリジナル料理コンテスト2014

世界のいろんなところで10代が活躍してるということで豊田アナが「負けずに頑張りましょう」と言ってました。
何に。

はなまるカフェ 野村萬斎

薬丸さんと同い年。

おめざは西国土産 鍵屋のかぎやのおはぎ。
九州にはよく公演で行かれるそうです。
和菓子が好きと思われがちだけど、実際はチョコレート派だと言ってました。
バレンタイン前だから言うわけじゃないけど、岡江さん、僕もチョコレート派です。

はなまるアルバム最初は子供達がお面をつけてる写真。
バリに行った時にお面工房で撮った写真だそう。

バリでは結構ゆっくりして、空中ブランコにも挑戦したと写真で紹介されてました。

子供達は長女高1、長男中2、次女小1という構成。

薬丸さんがいつもきになる「反抗期とかありました?」という質問してまして、それなりにあったとお答えになってました。
長男について「無料ゲームなのにいつのまにかお金が発生してる…」とソーシャルゲーム問題があったみたいで、携帯とりあげちゃったみたいです。あのパズルのあれですかね。

その長男くんのインタビューが流れてました。
お父さんの尊敬するところは「狂言だけじゃなくて映画とかにも出てるところ」と。
どのへんメーターでは夫婦円満度50%、萬斎さんのオシャレ度は25%、と厳しく評されておりました。

はなまるアルバム2枚目は福島県いわき市の子供達に狂言を教えた時の写真。
なんか空気椅子みたいなポーズしてました。
見た目にもしんどそうでしたが、人を楽しませるのが大変ということを伝えるためにわざとそういうのを教えてるみたいです。

ここで狂言レクチャータイム。
狂言で使うお面と足袋を持ってきてて、「狂言をはじめて見るのですが、楽しみ方はありますか」という質問メールには、普及公演では解説があるので解説があれば楽しめるとお答えに。

はなまる伝言板はこちらの舞台。
『神なき国の騎士―あるいは、何がドン・キホーテにそうさせたのか?』 | 世田谷パブリックシアター/シアタートラム

主演、演出を担当されるそうです。
ドンキホーテは世界で一番読まれてる小説らしく、そういうポピュラーなものを使って作品を作りたかったとのこと。

はなまるアルバム最後は舞台の小道具の写真。
昨年上演された「マクベス」という舞台で、「人間が豊かになるということは」というテーマに合わせて廃材を小道具として使用したみたいです。

この舞台はニューヨークでも公演されたらしく、映像で紹介されてました。

今後どういうことに挑戦したいかという質問には「世界を意識しながら、古典を大事にしながら、そして古典が発信力を持つような作品を作りたいと思います」とお答えに。

ミシュラン谷昇シェフ、卵料理王のレシピ 卵特集

こだわりサーチ ヒット曲でエクササイズ

ヒット曲を使ってエクササイズするってのが流行りらしいです。
こんなDVDが売れてたりすると紹介されてました。

演歌を使ったエクササイズ、エンカサイズ。

楽しそうで本当によかったです。

スタジオでは歌謡ダンスしてました。
山本リンダさんのうららうららうらうららーに合わせて皆さん踊っておりましたね。
スロースピードと通常スピードの2回やってるの大変シュールでよかったと思います。

今日見ただけだとわからないかもしれませんが、薬丸さん、元ジャニーズです。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>