「獏」という店

Posted on

Sponsored Link

大和田獏のWikipedia見ていつも笑ってしまうところがあるんですが

「獏」という名の店があると家族でその店に赴く。その際店員は「獏に獏が来た」と思うらしい。

大和田獏 – Wikipedia

獏という店がどれだけあるのか食べログとかで調べてみると結構あります。

獏 – 新宿御苑前/餃子 [食べログ]

貘 (バク) – 浜松町/中華料理 [食べログ]

和・中酒房 獏 (BAKU) – 栗東/居酒屋 [食べログ]

Wikipediaの記載によると、この辺は抑えてるって感じなんですかね。

当たりはここっぽいですね。
獏 (ばく) – 自由が丘/郷土料理(その他) [食べログ]

価格.comのテレビ紹介情報より

大和田獏がお忍びお食事デートをする名店「和洋折衷料理 獏」を紹介。このお店は和洋折衷様々な料理を楽しむことができ、トマト鍋発祥のお店で、シメに食べるパスタが絶品だという。

続いて「田園安齋」を紹介。コラーゲンを豊富に含むスッポン鍋はスープが絶品である。

大和田獏は、獏と書いてあるとやっぱり行きたいと話した。「和洋折衷料理 獏」に下の名前を言わないで予約したら驚かれたという。綾部祐二は、熟女好きな人にとって大和田獏の妻である俳優はカリスマだと話した。

価格.com – 「大和田獏」に関連するレストラン・飲食店 -2- | テレビ紹介情報

それにしても『店員は「獏に獏が来た」と思う』ってなんなんでしょう。

あと、綾部祐二って人の「大和田獏の妻である俳優はカリスマ」ってコメント、大和田獏の妻である俳優って岡江さんのことだと思うけど、個人的には熟女好きのカリスマというより、熟女沼の入り口というような気がしますね。
ただただ獏がうらやましいです。はい。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>