岡江久美子さんが行く鳥取砂の美術館

Posted on

Sponsored Link

月曜日に予告してたやつです。
おでかけこでかけでじっくりやってもよかったと思うし、むしろ大晦日に紅白に対抗して5時間とか放送してもいいと思いますが10分そこそこのこだわりサーチのコーナー。

岡江久美子さんに〝特別こだわリサーチャー〟の肩書が与えられてました。
こだわリサーチャーすら浸透してない感じあるけど大丈夫ですかね。

ロケの日は生憎のお天気で、ヒョウが降ってて岡江さんの顔にバチバチ当たって「ヒョウが痛い…ヒョウが…」とフレームアウトしていく岡江さんが面白かったです。
天気悪かったら無理して鳥取砂丘での絵いらなかったと思うけど、ヒョウが当たる岡江さんとかなかなか見れないし、本当お疲れ様でした。

鳥取砂丘はオープニングだけで行ってたのはここ
鳥取砂丘 砂の美術館

えーと、ここにバクを砂で作ったものがあって、岡江さんが反応してました。
「飼ってるんですよ私」「かわいい♡」と。
飼ってるって

あと、アンコールワットの彫刻があって、奥村奈津美さんが「岡江さんアンコールワットには行かれたことないそうですけど?」と聞くと「いいですね、ここで、ここに来ればいい」と適当なことを言ってました。

この施設では初心者でも簡単な彫刻を体験できるらしく、岡江さんも挑戦。
余分な砂をストローで吸い取る工程があるのですが、岡江さんおもいっきり口に砂吸い込んでぶううううううううううううってなってました。
そのトラウマからか出来上がりも奥村さんのより表面がザラザラしてましたね。

銅像の前で岡江さんと奥村さんがポーズしてて、岡江さんが面白いのは普通として奥村さんもなかなかの素材の持ち主のような気がします。
あと山内さんっていつもこだわりサーチのコーナーでふざけてるけど今日はふざけてなくて、空気読めてる感じしました。

岡江さんに見つめられるなら砂になってもいいと思える特集でしたね。

あ、美術館の人、岡江さんが吐き出した砂どっかに保管してませんか。一粒でいいから譲ってください。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>