消費税増税前!『家電のお得な買い替え術』はなまるマーケット 11/05

Posted on

Sponsored Link

あの、街頭の人に「お金貯めた〜い!」って拳を天に突き上げながらやらせるのいつまでやるんですかね。
ずっとやるならやるで僕もやりたいし出張に来てくれないでしょうか。


まずは古い家電を使ってて、最新のに買い換えると電気代込でどれだけ安くなるのかという話。
これは単純に今の電気代からワット数を計算すればいいだけで、だいたい10年以上前の使ってる場合は買い換えるとすぐに元がとれるみたいです。冷蔵庫の場合は容量アップしても電気代は安くなることが多いそう。

冷蔵庫でこれよさそうでしたね。
生活リズムを感知して時間帯で節電してくれるみたいです。

エアコンだとこれ。
マイナスイオンはどうでもいいけど自動で掃除して運転効率を上げるもの。

「買い換えると安くなるってわかっててもね、まだ使えるの変えるのは忍びないんですよ」と優しさを見せたかに見えた岡江久美子さんがすぐに「めんどくさいんですよ」と本音を言ってて面白かったですね。

そんなことで家電の買い替え目安年表というのを紹介してました。

1999年 洗濯機
2001年 エアコン
2005年 冷蔵庫
2006年 炊飯器
2007年 掃除機

これ以前に買ったものは買い換えたほうがよいとのことです。

江藤愛さんが「まさに2005年に冷蔵庫買いました」と笑顔で言ってましたがそこまではっきり覚えてるってことはなにかあったんですかね。

あと、需要や新製品発売のタイミングによって値段が下がる時期があってエアコンは秋に買うのが安いそうです。
テレビはオリンピックとかワールドカップとかそういうのが終わった直後に買うと安いみたいな話もありますね。
炊飯器とプリンタは7月〜8月、カーペットやヒーターは2月〜3月とのこと。

カメラは年末年始安いって紹介されてましたがこれは型落ちのが安くなるって話なので注意が必要で、カメラの新製品は秋頃発売されるのでそれ買っちゃうと数ヶ月後に半額になるものを掴まされることになります。

後半は家電を安く買う方法としてアウトレットを狙えってのやってました。
展示品とか型落ちがわりと大きな家電量販店でもやってるという話。

ただ、紹介されてたビッグカメラさんの「展示品」はショーケースに入れてるだけのものと客が手にとって触ったものが同じ値段で売られてたりするのでそのへんも注意が必要だと思いました。

まあ個人的には値段とか評判気にせずに最新モデルを買って人柱になる覚悟が必要だと思うし、岡江久美子さんが欲しいものがあればプレゼントしたいと思うのでご連絡お待ちしてます。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>