デックレビュー – ラブライブトランプ 電撃G’s Magazine 2013/11月号付録

Posted on

Sponsored Link

トランプが好きでこのブログでもいくつかレビューしてきましたが、トランプ以上にはまってるラブライブとかいうアニメのトランプが雑誌のおまけについてくるということで購入。

裏も表も同じ絵が書いてます。
ロゴには〝TRUMP CARDS〟の文字。
英語圏でPlaying Cardsと呼ばれるものを日本ではトランプというので、トランプにカードをつけるのは若干違和感ありますがかわいいからどうでもいいです。

フラップ横に切り込みが入ってないので何度も開閉してると傷みそう。
ラブライブトランプ箱

あと、箱の底が差し込み式になってて、丸ごとカードをしまおうとすると1枚入らないことがあって、これもカードを傷める原因になるので、まずカードを一枚入れてその上から残りのカードを入れるようにするといいです。

この辺の工夫、そんなにコストかからないと思うんで、グッズ系のトランプにこそ採用してほしいですね。

カードデザイン

裏面は天地ありの渕なしです。
ラブライブトランプ裏

サイズはBycucleのブリッジサイズと比べてもさらに一回り小さい感じ。
ラブライブトランプサイズ

フェイス面は全部絵。
Aが穂乃香、9がにっこにっこにーの人、J〜Kの絵札が複数カットみたいな感じで、数字ごとにキャラわけされてる感じです。
ちなみに10はえりちの妹、ジョーカーはアルパカです。
ラブライブトランプ

使い心地

プラスチックだったらどうしようと思いましたが紙です。
本は電子書籍でもいいと思いますが、トランプは紙じゃないとダメですし、紙ならなんでもいいという感じあります。

なんでもいいと書いたけどこのトランプかなり使いやすくて、特に広がりやすさが異常。
ラブライブトランプファン

この手のトランプは広がらないものが多いのですが、これならテーブルには誰でも広げれるんじゃないでしょうか。
イメージとしては100均のトランプにファにングパウダーぬった感じです。
ラブライブトランプテーブルファン

ブリッジサイズ以下の大きさ、天地あり縁なしということでマジックには厳しいものがありますが硬さがフラリッシュにむいてます。
サイズが違うので最初は戸惑いますが慣れると固めの紙だしパケット分けしやすいです。

フェイスが綺麗なのでPandraなどのディスプレイが入るフラリッシュが向いてるかも。
プロダクション系は思ったより4枚揃った感が薄くてインパクトは弱め。
ラブライブトランププロダクション

まあ世界のYAZAWAですし問題ないです。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>