あき竹城に松岡修造から熱いメッセージ はなまるマーケット 2013/10/4

Posted on

Sponsored Link

オープニングトーク

今日は電話の104の日ということで、岡江さんは時々使うそうです。
いちれーよん、いちまるよん、いちぜろよん、いろんな読み方があるけどどんな読み方をしますかという超どうでもいい話してて熱かったですね。
あと、3桁の番号がいろいろ紹介されてて、岡江さんは113(電話の故障)をたまに使うみたいです。

はなまるカフェ あき竹城

おめざはかねしょう菓子舗の黒豆羊かん。
こないだ新潟に行った時もらったらまあ美味しくてはまったそうです。
新潟では与坂十五夜まつりに参加したとのこと。
なんかおめざと出演者全員が映る謎アングルのカットがありましたけどこんなの前からありましたっけ?

はなまるアルバム最初は同窓会の写真。
米澤第一中学校3年5組のお友達と50年のお付き合いだそう。
てかもうこの人66歳なんですね。

14歳の頃の写真が公開されてて、立ち姿が美しかったんですが当時ダンスを習ってたからみたいです。
その写真の隣に写ってた木村郁子さんという友達にアンケートしてました。

-中学校時代のあきさんはどんな人でしたか?
背が高かったのでみんなの目をひいてました

-あきさんの素顔を教えてください
テレビと違って繊細さと思いやりを持っている人

木村さんは何でも段取りしてくれるとてもよき友人だそうです。
はなまるカフェに呼びましょう。

次は昨日からはじまった新コーナー「私の定番はこれ」
食べ物についてです。

-ファミレスのメニューといえば
オムライス

-スタミナ料理といえば
焼肉

-味噌汁の具といえば
あおさ
「ぽんと入れたら、サッと溶ける、いいですねー」

-おふくろの味といえば
いちじくを甘く煮たもの

-コンビニで買うものといえば
ガリガリ君ソーダ味

岡江さんは味噌汁はなめこと豆腐、ファミレスはハンバーグ、
この新コーナー、岡江さんの趣味趣向がじわじわ解体されてきていい感じです。

はなまるアルバム2枚目は重量挙げの三宅宏実選手との2ショット。
たまたまテレビで会う機会があって興奮して写真撮らせてもらったそうです。
勝俣さんが「あきさん持ち上げてもらえばよかったのに」と気の利いたことを言ってました。

2020年の東京オリンピックが楽しみで仕方なく、それまで元気でいたいとのことです。

はなまる伝言板は炎の体育会TV2時間スペシャル。
明日よる7時から放送です。
なんか松岡修造が頑張るみたいですね。

予告VTRを見ただけで泣きそうになってる岡江さんが見れてよかったです。

あきさんも松岡修造の熱さに感動してて、はなまるカフェ打ち合わせの時にも興奮して松岡修造のことを語ってたみたいでその時の音声が流れてました。

もちろん松岡修造もVTRで登場して、なかなかダイエットがうまくいかないあきさんにメッセージ。
「ぼくは今のままのあきさんが素敵だと思います。僕なんかよりもよっぽど本気ですよ。おもいやりがあるじゃないですか。それは〝1つの所にいつも命を懸けている〟あきさんだからです。大事なのは〝心のダイエット〟はしてはいけないってこと。あきさんらしくいきましょう。本気でダイエットしたかったら僕のところにきてください。心も体も変えていきましょう。頑張るべぇ!!」
IMG_7903

はなまるアルバム最後は3枚めくり。
1枚目はあきさんが作ってるペーパーナプキンアートの写真。
スタジオにも持ってきてました。

2枚目と3枚目はペットの亀の写真。
食欲がすごいそうです。
飼い主に似たのでしょうか。

とくまる 米

最新炊飯器・精米機、ご飯のお供「米特集」

きょうの目玉 お姫様キャンプ

最近は道具も全部貸してくれるし、秋はキャンプシーズンだしってことでキャンプ特集らしいです。
はなまる主婦の人が〝お姫様キャンプ〟とかやってて面白かったです。
お姫さまキャンプ スウィートグラス

山内アナ「まあ旦那様がお姫様扱いしてくれればそれでいいんですけどね」
岡江さん「そうですよねー」

岡江さんをお姫様として扱うキャンプあればはなまる主夫として参加したいと思います。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>