HOME» 雑記»

AKB48のじゃんけん大会は“やらせ”なのか?- 「チャンスの順番」の仕組み、たぶんこうなんじゃないかという話

Posted on

Sponsored Link

9月18日に行われたAKB48じゃんけん大会、大変な話題ですね。
中でも「やらせではないか」という声はよく聞こえてきます。
僕は誰が勝ったからどうとかよくわからないのですが、おそらくこういう仕組みなんじゃないかと考えたことがあったのでちょいと書いておきます。

まず、映像を見るとわかるんですが、彼女たちのリアクションはわりとガチです。
AKB48の演技がそううまいとは思わないので“やらせ”じゃないんじゃないかと思います。
ただ、秋元康はじめ運営側は「本当に誰が勝ってもいい」とは思ってないはずです。テレビ放送もあるし、序盤で主要メンバー全滅とかも避けたいところです。
でも、バレバレのやらせはできない。
どうするか。たぶんこうです。

「メンバーに何を出すかだけ指示して、勝つか負けるかは伝えない」

これなら素直なリアクションを引き出せます。
「秋元先生、私を勝たせてくれた!」「私、初戦で負かされるのか・・・」など、よりよいリアクションも期待できます。
チャンスの順番、みんなに回ってくるといいですね。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>