田畑智子が実家の料亭を紹介 はなまるマーケット 2013/9/30

Posted on

Sponsored Link

オープニングトーク

おめでとうございます。
今日から18年目突入です。
放送は4347回目ということで、岡江さんは「そう言われてもよくわからない」とおっしゃってました。
いつも不安定なクス球、今日はうまく割れててよかったです。

きょうの目玉 オールスター感謝祭マラソンの舞台裏

18年目の今日から順番変わったんですかね?
オールスター感謝祭の舞台裏、カメラマンを追う特集です。
18年目スタートから渋すぎる!

マラソンを撮る方法として、レンズとボディを切り離して3人耐性でランナーを追うというのが紹介されてました。
坂道を何度も往復する重労働ながらもワイナイナを撮り続けててすごかったです。
ワイナイナが映った時「ワイナイナねー」と言う岡江さんが岡江さんでした。

はなまるカフェ 田畑智子

CM入りがうまくいかず、アニバーサリーな放送事故が起こってました。

今日は33歳にして芸能生活20周年というベテランがゲストです。

おめざはバンブー グラッシィの生雲丹と焼き飯。
自分へのご褒美によく利用するお店だそうで、友達や家族と行くみたいです。
皆さんんーんー言いながら食べてました。

はなまるアルバム最初は実家のお写真。
実家は祇園でもうすぐ300年の老舗の料亭。

祇園料理 鳥居本

お父さんで8代目だそうです。

カメラが取材に行ってました。
お父さんにもインタビューしてて智子さんについては「舞台は金とりよるんですよ」「お酒飲むとわけわからん人になる」とのことです。
智子さんとお父さんとは仲がよく、ほとんど毎日されてるそう。
料亭に住んでるけど、お父さんの本格的な料理を最初に食べたのは上京して自分で稼ぐようになってからだと言ってました。

ここから祇園周辺のVTR。
鴨川→建仁寺→広東料理平安というコースでした。

田畑さん、なんか京都のVTRの時は京都弁っぽくていい感じでしたね。
京都にいる時は安心感があって、ホッとする気分になれるそうです。

はなまるアルバム次は甥っ子と姪っ子のお写真。
なんか変顔にはまってるらしく〝田畑新喜劇〟というキャプションがついていました。
お姉さんから「LINEで送られてくる」とのことです。
LINEで。

3人の甥っ子姪っ子からメッセージがあり、田畑さんについて「ちょっと怖い、食に厳しい」と言っていました。
テレビ見ながらとかゲームしながらゆっくり食べてるのを見ると怒りたくなるそうです。

田畑さんが子どもの頃は日舞、水泳、ピアノ、絵画、三味線、英会話などたくさんの習い事で忙しかったとのこと。

デビューのきっかけは家に相米慎二監督が来て、ちょうど12歳ぐらいの子を探してると言われて呼ばれてそのままオーディションして決まったらしいです。
ご両親も特に反対することなく応援してくれて今に至る

はなまるアルバム最後は正座してる写真、猫の写真、の3枚めくり。
正座で全然足がしびれないらしく、重心を動かすのがコツだそうです。
でもあれ結構みんなクネクネさしてるけどしびれますよね…?

猫について「うちの猫は喋るんですよ」とおっしゃっており、岡江さんが「なに?なにをしゃべるの?」、薬丸さんが「そういう風に聞こえるってだけでしょ?」と攻撃的なモードに。
VTRで、田畑さんが「ごはん?」と聞くと猫が「ごはーん」と言うっぽい大変微妙な映像が流れてました。
「にゃー」ではないけどさすがに「ごはーん」とは聞こえなかったですが、田畑さんによるとこの時はうまく言えなかった時らしいのでそういうことだと思います。

はなまる伝言板はこちら。
TFJ第一回公演「晩餐」 | タクフェスの第一弾公演「晩餐」

岡江さん「ご両親は見に来るの?」
田畑「東京にも来てくれるんですよ」
岡江さん「ちゃんとお金とるの?」
田畑「今回は招待します!」

で、はなまるカフェ終了。
キレイな人でした。

とくまる 愛知県

長寿と金持ちの愛知県

とくまるが終了して最後のCMに入ったのが9:41ごろ。
いつもより短いなと思ってたらエンディングでいきなり「富士サファリパークの注目イベント情報」とか言い出しててちょっと意味わからなかったです。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>