違法ダウンロード刑事罰化スタンバイ

Posted on

Sponsored Link

違法ダウンロードに罰則 著作権法案修正で合意 – 47NEWS(よんななニュース)

政府と民主党は13日、著作権者の許諾なしにインターネットのサイトから音楽や動画を違法ダウンロードする行為に罰則を科す方針を固めた。政府が今国会に提出した著作権法改正案には盛り込まれなかったが、自民、公明両党が修正を議員提案することに民主党が同意。同改正法案は修正の上、今国会で可決、成立する可能性が高まった。
 違反者に対する罰則は、自民党案の「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」とし、10月1日施行となる見込み。
 ただネット利用者の間では規制強化反対の声が強く、民主、自民両党にも慎重論があることから、被害者の告訴がないと起訴できない親告罪とする。

親告罪なのがせめてもの救いでしょうか。

例えばブラウザのキャッシュはどうなのかとかストリーミング再生はどうなのかとかグレーな部分を大胆に残した感じで決まってしまいそうです。
どこまでが違法なのか捕まるほうも捕まえるほうもわからないというカオスなことになりそうな感じです。
違法なことはしてはいけないのは当然ですが、ちゃんとした線引きをしてほしいのですよね。
このままではこの法律で刑罰食らわされる人は本当に「見せしめ」以外の何物でもなく、それはシステム的にどうなのって話で。

これで音楽業界がよくなると思ってる人がいたら本当におめでたいですね。おめでとうございます。
違法ダウンロードしてた人が違法ダウンロードしなくなるだけでCD買ったりすることはないかと思いますよ。

かなり曖昧な部分が多いのでtorrentとかガンガン使ってる人だけでなく、App Storeのダウンロードアプリのレビューに「YouTubeで東方神起の動画とれました!」とか書いてる無邪気系割れ厨の皆さんもガンガン逮捕されるとよいですね。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>