草笛光子へ三谷幸喜からメッセージ はなまるマーケット 2013/9/18

Posted on

Sponsored Link

オープニングトーク

秋を感じ、薬丸さんが半袖短パンから長袖になったそうです。
岡江さんもちょっと厚手のものを着るようになったみたいで残念ですね。

あと、本が紹介されてました。

いくつか例を出しながらくっちゃべっておりました。

妻がへそくりをしている確率 43.6%
じゃんけんで最初にグーを出す確率 35.0%
一年間で空き巣にあう確率 0.1%
一生結婚できない確率 男性20.14% 10.61%
初恋の人と結婚する確率 1%

ということらしいです。

僕が岡江久美子さんと結婚できる確率 0%。

はなまるカフェ 草笛光子

薬丸さんの紹介は〝いつまでもお美しいこの方です〟
はなまるカフェは10年ぶり4回目。甲子園でいうと旭川実業ぐらいの感じですかね。
79歳とは本当に思えない美しさなのですが、薬丸さんの「デジタルの時代でも十分対応できますよね」という褒め方が気になりました。

おめざはお茶のモリヤ深蒸し煎茶。
中に梅干し突っ込んでました。
いとうあさこさんに「美味しいですね」とこっそり言われた岡江さんがものすごく真面目な顔して小さい声で「ぉぃしぃ」と言いながら煎茶を飲んでるラフな感じが流れてて面白かったです。

「朝茶なその日の難を逃れる」というお祖母様からの教えがあるそうでおめざにはとてもよさそうです。

あと、毎朝やってることとしてはお経を読んでると言ってました。
薬丸さんが「ちょっと読んでもらってみていいですか」という近年稀にみる無茶ぶりをしてましたが「もう今朝読んできたから」と言われ、はなまるアルバムへ。

はなまるアルバム最初の写真はギリシャ〜イタリアのお写真。
ものすごくCoolで絵になるお写真でした。
こういうツアーらしいです。
ゴールデンウィーク イタリア半島周遊・アドリア海クルーズ │ シルバー・スピリット │ 外国船 │ クルーズのパイオニア|JTBグループの専門店|PTSクルーズデスク

旅中に財布を盗まれたという話をされてました。

はなまるアルバム次の写真はとっておきの1枚、7歳の頃の家族写真。
あまり笑わない大人しい子どもだったみたいですが、そういう性格と逆に「何かをわかってもらいたい」という思いがあるから芸能界で生き残れたと思うとお話されてました。

松竹歌劇団に入ったきっかけは、終戦後一緒に住んでた人にオーディションを受けろと言われたことで受けてみたら受かったらしいです。
29歳の頃に〝ぴったしかんかん〟というテレビに出演された時の映像が流れてて、5日間で70匹のノミを胎児したエピソードというのを語っておりましたが本人は初めて見たとおっしゃってました。

はなまる伝言板はこちらの舞台。
ロスト・イン・ヨンカーズ | PARCO STAGE

三谷幸喜さんからメッセージがありました。

本読みの段階で泣いていて、草笛さんの役作りへの集中力に感服されたそうです。
草笛さんは昔から三谷さんの作品をご覧になってるようで、初めて会った時に「三谷幸喜のストーカーだ」と言われて嬉しかったと言ってました。
最後に「金田一耕助の映画を作りたいから犯人役やってほしい」とお願いしてました。

はなまるアルバム最後は愛犬マロの写真。
よく言葉を理解しててほとんど人間だとのこと。

キャプションには「私の息子」とついていて、この子がいないとダメだと言ってました。
新聞も持ってきてくれるそうです。

とくまる 肉焼きの極意

安いお肉が美味すぎるお肉に!『肉焼きの極意』

きょうの目玉 キャンピングカー

はなまるカフェでいうと劇団ひとりさんと黒谷友香さんが持ってると言ってました。
人気が急上昇中で200万円前後で手に入るお手軽なものも増えてるそうです。

紹介されてた中ではこれがよさそう。
かるキャンの特徴 ~Transform Camper かるキャン~

走る時は中狭いけど、停車中に広く変身させることができるタイプで、狭いままで岡江さんと一緒に乗りたいと思いました。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>