里見浩太朗がオススメイタリアンを紹介 はなまるマーケット 2013/8/22

Posted on

Sponsored Link

オープニングトーク

イチロー選手が4000本安打達成という話題を朝ズバから引き継ぐレアケース。
おめでとうございます。

そして今日から仙台の藤崎百貨店でおめざフェアはじまります。
以前出演された百樹屋さんのカレーうどんも出ますよ。
お近くの方はぜひぜひ。

あ、あと特に触れてなかったけど今日大和田美帆さん30歳のお誕生日です。
こちらもおめでとうございます。

はなまるカフェ 里見浩太朗

時代劇で大活躍の里見さん、「やっぱりなんかかつらとかつけないと雰囲気違いますか?」という岡江さんの質問に「帯と刀がないとなんか物足りない」と答えていました。
かつらについては何も言ってませんでした、岡江さん残念!

おめざは里見さんお手製のガスパチョ。
トマト、きゅうり、玉ねぎ、セロリ、ピーマン、ニンニク、塩、コショウを潰して混ぜるというレシピ。
リアクションも上々でした。

はなまるアルバム最初は小学生5年生の女の子とのツーショット。
小学5年生ながら水戸黄門の大ファンらしいです。
その名も村瀬杏那ちゃん。
1年生の頃におじいちゃんと見た水戸黄門の再放送を見てはまったらしいです。

インタビューしてて「男のことは比べ物にならないぐらい殺陣がかっこいい」とか言ってました。
将来は歴史学者か医者になりたいそうです。

村瀬さん、はなまるカフェでもブームの御朱印帳にはまってるそうで、インタビューの日もTBSのスタッフが「赤坂サカスでイベントやってるよかったら」とデリシャカスに誘ったら「いえ、日枝神社に行きたいです」と断られてしまったとのこと。
最後に里見さんが「体に気を付けて、また真田十勇士見に来てね」とエールを送りつつ宣伝してました。
そういえば水戸黄門の再放送といえば、TBSの1日の視聴率がトップになってしまった悲しい事件がありましたね。

はなまるアルバム2枚目はとっておきの1枚、里見さんが27歳の頃に演じた十七人の忍者という映画のポスターの写真。
片岡千恵蔵さんから「本当に人を切る気持ちで検を振れ」とアドバイスされたことで殺陣についての考え方が変わり、時代劇のプロになるきっかけとなった作品だそうです。

ここではなまる伝言板。
赤坂ACTシアター『真田十勇士』|TBS
共演者の倉科カナさんと上川隆也さんからメッセージがありました。

上川さんは「みんなの重心」倉科さんは「怖い人かと思ってたけど意外とおちゃめ」と里見さんを評価。

ここでどのへんメーター登場。

-里見さんへのビビリ度は
80%(上川さん)

-里見さんへのLOVE度
200%(倉科さん)

倉科さんは小学生の頃、里見さんが助さんだったころから水戸黄門が好きで「小学生の時の夢が水戸黄門のビデオを集めること」だと言ってました。

舞台で倉科さんに「そなたの帯を解くにはどうしたらいいかな」というシーンがあるそうですが「本当に帯は解けません」とのこと。
岡江さんが「抜きたいと思ってるんだ」と言ってたのが面白かったです。

はなあるアルバム最後はイタリアンの写真。
夫婦でよく行くお店を2軒紹介されてました。

ピッコロボスコ 駒沢 Piccolo Bosco KOMAZAWA
NOBU TOKYO in 虎ノ門(ノブ・トーキョウ)

意外と外食は少ないそうで、里見さんも家でたまに料理されるみたいです。
片付けは肉料理関連のものだけするとのこと。

最後に視聴者からの「体力づくりの秘訣は?」という質問に「特に気にしてないけど起きた時にストレッチとバランスボール」とお答えになっていました。

とくまる 豚肉

豚肉の最強相棒

きょうの目玉 値上げラッシュ

隠れ値上げとか、あれですね。
街頭インタビューの奥様方も怒ってました。

ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんが「頑張って努力で家計防衛をしていただきたい」と根性論を語るほどの値上げです。

ナスとレタスがお安いということで、薬丸さんが「とくまるは緊急特集ですね」とおっしゃってましたが、緊急というより毎年やってるのをまだ今年やってないので近々とくまるでナスとレタスやるのではないでしょうか。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>