城田優が「パンコントマテ」スタジオ生クッキング はなまるマーケット 2013/8/14

Posted on

Sponsored Link

オープニングトーク

世界陸上の話。
エレーナ・イシンバエワっていう高飛びの人のVTRが流れてました。

イシンバエワ「スパシーバ!」
いとうあさこ「こっちがスパシーバ!」
岡江さん「スパシーバ」

という流れが美しかったです。

はなまるカフェ 城田優

10年前、18歳の頃ははなまるエプロン隊として活躍してた城田さん。
そういえばその団体は一体どこにいってしまったのでしょうか。

おめざは千疋屋総本店のスペシャルオレンジジェリー。
フルーツは大好きで、りんごとかスイカとかメロンとか桃とかなんでも食べるそうです。
最近スイカが好きってはなまるカフェで言う人多いですが、薬丸さんにすりよってきてる感じなのですかね。

はなまるアルバム最初はスペインの写真。
バルセロナが第二の故郷で去年帰って、向こうでライブもしてきたそうです。
ライブの映像が流れてて、ファンの人にチュってしてたのですが「スペインでは当たり前」とのこと。
ここで薬丸さんが「じゃあいいね、日本でも『スペインでは当たり前だから』ってやれば」と冗談を言った所、岡江さんが「はんっ」と笑ってたのが面白かったですね。

ネットで世界中のファンに愛されてる城田さんの動画が紹介されてました。

再生回数54万回超え、twitterのフォロワー数16万人以上、大和田美帆さんもフォローされてて味わい深いです。

スペインに帰った時に日本では買えないサイズの洋服を買ったそうで、それも写真で紹介されてました。
たくさん買いすぎて日本に郵送で送ったみたいですが、送り賃の心配をする岡江さん。日本では買えないしそれでも価値があるとのことです。

はなまるアルバム次は料理の写真。
なんかスペイン風の何かでした。
はなまるアルバムの枠を超えて+3枚の料理の写真を公開されてたのは元はなまるエプロン隊の特権ではなく、はなまるアルバムというシステムのほころびです。
しかし岡江さんに「食べてみたい♡」と言われてたのは羨ましすぎますね。

料理番組に出演中の城田さん、番組のタイトルは〝イケメンCooking〟
スタジオでも生クッキングされてまして、はなまるマーケットは何故イケメンに料理させるのかという疑問がまた深くなりました。

でも身長190センチの城田さんを見上げる岡江さんがなんか可愛かったのでよかったです。

作ったのはお母さんとの思い出の味「パンコントマテ」
フランスパンに塩コショウとオリーブオイルをかけて、ニンニクとトマトをすりつけるというシンプルな食べ物。
トマトをすりつけるのが変わってますがこれがスペイン流だそうです。

いとうあさこさんが「イケメンで、お芝居できて歌も上手で料理もできて、私どうしたらいいんだろ!」とボケたところ岡江師匠が「心配することないけどね」とマジレスしていてはなまるマーケットの本質を見た気がします。
その後薬丸さんが「ハートも胃袋もつかまれちゃうね」とか言って、何か満足したような顔をしてて、あぁはなまるマーケット見てるなあって感じがしてとてもよかったです。

はなまるアルバム最後は舞台の稽古場で筋トレをしてる写真。
「筋肉部」というのを結成して、かなり追い込んでるそうです。

はなまる伝言板はその舞台。
TBS「ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」」

薬丸さんが「城田優さん、この後のコーナーもご一緒していただきます」と言ってCMへ。
テロップに「知っておきたい最新の葬儀・お墓」と出てて爆笑しました。

とくまる 進化する葬儀&墓

葬儀・墓の最新事情!

きょうの目玉 猛暑にうれしい時短グッズ

ちょっと前に「猛暑を乗り切るキッチン技」という特集をやったのはこの際忘れましょう。

紹介されてた商品はこちら。

一瞬でエプロンつけれる。
1秒エプロン 頒布会通販のマンスリークラブネット

万能包丁っぽいもの

電子レンジでカレー

かわいいリーズナブルな掃除ロボット

ハンガー

簡単ボタン付け

後半夏関係ねえ!




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>