竹中平蔵がはなまるカフェで教育論・経済論を語る はなまるマーケット 2008/12/16

Posted on

Sponsored Link

明日のはなまるカフェのゲストが小泉孝太郎さんで、なんか小泉純一郎さんの話をするらしくそういえばこんな人もはなまるカフェに出てたなと思いだして見返してみまました。
文化人枠の中でもかなり異色なほうではないでしょうか。


なんか怖い顔してましたが、矢野顕子さんのようこそようこそはなまるカフェへという音楽で和んだかと思いつつプロフィールを紹介する時に加藤シルビアさんが「たかなかへいぞうさん」と噛んでしまいました。

おめざは木村屋總本店のあんぱん。

「若い人がカレーパンを食べるのが私には理解できない」「圧倒的にこしあん派」「アメリカに行ってた時にあんぱんが手に入らなかった」「歴史に残るものではないか」などとあんぱんに対する愛を語っておられました。

はなまるアルバム最初は谷村新司さんとのツーショット。
〝アラカン〟というキャプションがついてて、もちろんアラウンド還暦の略なんだけどこの頃はそんなに話題になってない言葉だったのか盛り上がってました。

柴田理恵さんと同じく谷村新司さんの大ファンだそうで、なんか握手されてまして、柴田理恵さんがラジオのゲストに呼ばれたことがあると聞くと「負けましたね」と敗北宣言。
「そのうち『谷村新司と俺達の時代』という本を書きたい」ともおっしゃってましたが2013年現在まだ実現していませんね。

谷村新司さんの中でも「きざはし」という曲が好きだそうで、小泉さんから「厳しい戦いになる」と言われた時にこの曲の「時が来れば野を駆けても 行かなけりゃ行かなけりゃ 悔やむ気がする」というフレーズが思い浮かんだそうです。

ここで谷村さんと竹中さんが番組で歌の共演をしてるVTRが流れてたんですがかなりお上手で岡江さんも拍手されておりました。

はなまるアルバム2枚目はとっておきの一枚、幼稚園の頃の写真。
小学生の頃は勉強に興味がなく、目立つのが嫌で手を挙げるのも嫌だったそう。
それが3年ぐらいの時にもっとできるだろうと言われ、宿題をやっていったら先生から褒められたことがきっかけに勉強が楽しくなってきたとのこと。

ここから竹中先生の教育論が始まります。

「教育の基本というのはエンカレッジだと思います。日本はどちらかというとディスカレッジでですね、ほどほどにしておけとか出る杭はうたれるとかディスカレッジがすごく多い。入試なんて定員より多くの人が受けにくるのに『君はやめておけ』という。これはディスカレッジですよね。勉強したい人にはみんなやらせる。その代わりついてこなきゃダメ」

と語っておられました。

経済学を勉強しはじめたことについては、お父さんとお母さんが一生懸命働いてるのに豊かにならないことに疑問を感じ、高校の先生に「どうすれば世の中豊かになりますか」と聞いたところ「世の中の基本について学びなさい。世の中の基本とは経済である」と言われたことがきっかけとのこと。

このことからも先生が大事だという話になり「世の中の先生、是非褒めてあげてください。子どもに小さな成功体験をつませることが大事」だと熱弁されておりました。

次のはなまるアルバムは慶応大学の写真3枚めくり。
この時は肩書きも「慶応義塾大学教授」でした。

ここで慶応大学で普段竹中さんから教わってる生徒からメッセージがあって「竹中先生のヤワラちゃんに似た笑顔がチャーミング」という学生が面白かったです。

学生からの「休日は何をしてるのか」という質問にはメールのチェックと原稿書き、「好きな女性歌手は?」という質問には松任谷由実さんと答えておられました。
休日はないということですね。

ボランティアで経済を教えることもあるらしく「経済というのは社会のこと。民主主義なんだから国民が経済を知ってるかどうかで国が変わるので大学だけで教わればいいものではない。もっと経済について知って是非親子で経済について語りあってほしい」と演説の達人っぷりを披露されてました。

はなまる伝言板はこちらの著書。

竹中 平蔵
幻冬舎 2008-10
¥ 998

経済意外の著書はこの本が初めてとのこと。

はなまるアルバム最後は自宅から見える景色の写真。
高層マンションの43階に住んでるそうです。

和歌山から出てきた田舎者なので東京23区がどこにあるかわからないけど、上から見るとよくわかっていいとおっしゃってました。
大臣をやってる時はSP付きじゃないと外に出れないから本当に東京のことには詳しくないみたいです。

最後に「小泉元首相のプライベートは?」という視聴者からの質問。
「出来るだけ本を読んで寝るようにしてた。やっぱりかっこいい人ですよ」と回答。

もう1つの質問は「なんでわざわざ料亭で会合するのか、会議室じゃダメなんでしょうか」というもの。
「若い政治家はもう使ってないんじゃないかと思います。政治資金をたくさん持ってる人が今でも料亭を使うのはあの会合も政治資金から出すことができるからというのと、誰にも会わずに出入りできるノウハウがあるから」とのことでした。

竹中平蔵さんのはなまるカフェは面白かったですね。
特にCM前のテロップでもオープニングでも「竹中式勉強法の極意とは?」と散々煽ったのに、本の宣伝をしただけというのが大変よかったです。
最近のはなまるカフェでは普通に伝言板について深く語ったりするのでこういうのはあまり見られませんが、ちょっと前は詐欺が横行してました。

冗談はさておき、文化人のはなまるカフェは意外とハードルが高いのですが竹中さんはさすがの安定感で本当に面白かったです。
岡江さんをああいう感じで唸らせるゲストも珍しいのではないでしょうか。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>