伝説と言われた華原朋美のはなまるカフェ はなまるマーケット 2006/12/5

Posted on

Sponsored Link

2006年のはなまるカフェのオープニングテーマは矢野顕子さんが「よーこそ、よーこそ、はなまるカフェーへー」って歌ってるあれで、華原朋美さんは「和やかな感じですねー」とゆるい感じでスタート。
まあテーマ曲に関わらずゆるい番組ではありますがそんな感じで始まりました。

この時点で華原さんデビューして12年、「波瀾万丈で、いろんな人と出会っていろんな人と別れて」と深いことをおっしゃってました。

32歳になる華原さんに薬丸さんが「もう朋ちゃんって呼べないですね〜」というものの「ずっと朋ちゃんって呼んでほしいですぅ」ということで呼び名は朋ちゃんに決定。
よろしくお願いします。

おめざはお母さんのレシピの豆キーマカレーを再現したもの。
そういえばこの頃って岡江さんがおめざ紹介してましたね。

華原さんが「ベリーッグ〜」というほどレシピの再現性は高かったそうです。

レシピはニンニク、しょうが、合い挽き肉を炒め、みじん切りにしたキャベツ、玉ねぎ、ピーマン、トマト、人参、じゃがいも、セロリを投入。
その後バターとカレーを加えて煮込めば完成。

ここで岡江さんがいいことに気が付きます。
「豆カレーっつってお豆入ってないんですね」

このカレーを作る時にお母さんがマメに動くからマメカレーだそうだということを、華原さんがミニコントを交えながらお話してました。

はなまるアルバム最初は白いソファと犬の写真。
犬の名前は「ノィノィ」で、ィが小さい字なのがポイントだそう。
突然薬丸さんに「犬は好きですかぁ?」と色っぽい感じで聞いてたのが面白かったです。

白が好きで、家具は白で統一されてるとのこと。

華原「最近、パソコン付きのテレビを買いました」
薬丸「それも白なんですか?」
華原「それは、黒でした」

という流れで盛り上がりましたね。

白だと汚れが目立つのではと岡江さんが心配してましたが、ちゃんと毎日掃除してるそうです。

この時点で華原さん結構華原節というか、ちょっとよくわかんないこと言い出したので岡江さんが「白だとノィノィちゃんが引き立ちますね」と流れを変えたのがこの日のファインプレーでした。

しかし岡江さんのファインプレーをぶち壊すように薬丸さんがまたパソコンの色の話をはじめます。
必死でそのパソコンの話をするうちに華原さんのテンションが上がってついに立ち上がってしまい、「久しぶりに出させていただいてはりきっちゃって!」と言ってました。
岡江さんが「嬉しいです、本当その心意気」と適当に流そうとするものの、また薬丸さんが「パソコンは何に使ってるの?」とパソコンの話を蒸し返します。

華原「パソコンはですね、あのー、黒いんですよ、テレビって黒いじゃないですか。それにパソコンが付いてるんですよ」
岡江さん「うん」
華原「パソコンとテレビが合体してる」
海保「モニターの部分が黒いってことですね?」
華原「えーと」
岡江さん「もういいや色は」

海保さん今日初めて喋ってナイスフォローしたのに、結局止められるのは岡江さんしかいませんでした。

普通岡江さんがここまで言ったら止まるものですが、また薬丸さんが「パソコンはなにに使ってるの?」と聞いてしまいます。
聞かれたら答えるのが華原朋美。
「パソコン、持ち歩いてるのは白です」

もう色はいいと総ツッコミを受け、やっとパソコンの話が始まりました。
新聞とらないからヤフーニュースを見たり、ファンクラブのサイトを見たりしてるそうです。
ちなみに昔の華原朋美公式サイト朋美.comはホリエモンが携わってたそうですね。

やっとパソコンの話が終わって犬の話。

薬丸「ノィノィちゃんはちゃんと散歩とか行ってますか?」
華原「ノィノィのことに関してはベリーグゥです!」

ここらへんからはなまるカフェ伝説感でてきましたね。

散歩は2時間とか行ってしまうこともあるそうで、薬丸さんが「ノィノィ疲れませんか?」と聞くと「ノィノィは疲れたって言わないんですよ」と。

ここで「家族からこんなこと言われています!トップ3」というランキングが始まりました。

3位 母「彼氏できないの…」
2位 父「芸能界を引退してから結婚しなさい」
1位 兄「妊娠した」

彼氏の話をしてる時にはこんな一幕が。

華原「男運がないんですよね、昔から」
スタジオ「シーン」
華原「もっと笑うとこでーす!!」
薬丸「みんな気を使ってんのよ!」
華原「でももう過ぎた恋じゃないですか!」
薬丸「もうそこは触れなくていいんじゃないの?」
華原「結構わたし自身もしつこいかなって思ってるんで、もうそろそろ卒業しようかなって」

まだ卒業してなかったことが明らかになりました。

はなまるアルバム2枚目は自画撮りの写真に「恭子ちゃんありがとうLOVE」というキャプション。
誕生日にネックレスを頂いたそうですね。

ここでそのプレゼントの受け渡しシーンの華原朋美一人ミニコントが始まりました。

深田「朋ちゃん、恭子から、プレゼント♡」
華原「なに、恭子ちゃん、なになにー」
深田「恭子からのプレゼント」
華原「ありがとう♡見ていい?」
深田「うん!見て」
華原「かわいいー♡あ、恭子ちゃんとおそろいだ=」
深田「うん♡恭子とおそろいだよ!」

それまで渋い顔されてた岡江師匠もさすがにここではこらえきれない感じで笑っておられました。

はなまるアルバム3枚目は山盛りのネギが乗ってるラーメンを食べている写真。
ネギが大嫌いだけどネギラーメンを食べるそうです。
もう意味がわかりません。

はなまる伝言板はガールフレンズという出演の舞台。

はなまるアルバム最後の写真は右手と左手に入浴剤を乗せてる写真。
4枚中3枚が自分の写真という極めてナルシスティックなはなまるアルバムでした。

そしてこの最後の写真は「入浴剤を白にするかピンクにするか迷ってたんですよ、でもピンクにしようと思って」ということだそうです。
本当にそれだけのことだったので唐突に「お風呂楽しいですよねー」と岡江さんにパス。

岡江さん「楽しいですよね、うん」
薬丸「お風呂どのくらい入るの?」
華原「ぬるめにわかして、蓋を閉じるんですよ、岩盤浴状態にして、蓋の上に台本を置いてユーミンの歌を歌ってます」

結局お風呂に入る時間は答えませんでした。

いや、このはなまるカフェまじで超おもしろくて、文章ではなかなか伝わらないので誰か近くにビデオ撮ってる人がいたら見せてもらってください。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>