萩原聖人が役者を目指したきっかけを語る はなまるマーケット 2013/8/2

Posted on

Sponsored Link

オープニングトーク

今日は語呂合わせでいろいろな日になってて、カレーうどんの日、金銀の日、パンツの日などなど。

岡江さんが「パンツ〜丸見え」って踊りやってました。
本当に見せてくれるのか一瞬期待してしまいましたが、もちろんそんなことはなく、

はなまるカフェ 荻原聖人

薬丸さんの紹介は〝なんと、15年ぶりです!〟

はぎわら、なんですね。
おめざは養老軒のゆめぶどう大福。
「いいな」と思った現場にのみ差し入れされるそうです。

はなまるアルバム最初はとっておきの一枚、15歳の時に海外旅行に行った時の写真。
お母さんの「アメリカでカルチャーショックを受けてこい」という進言にしたがって知り合いの画家と一緒にアメリカに渡ったそうです。

1ヶ月半ぐらい滞在したみたいですが、やっぱり言葉が通じないことにカルチャーショックを受けたとのこと。

この旅で「エイリアン2」を見て、観客のリアクションに感動したのが役者を目指した萩原さん。
お母さんがやってた居酒屋さんにドラマ関係者がよく来てたみたいで「コネですね」とおっしゃってました。

ここで1988年、荻原さん17歳の頃の金八先生の映像。
「この頃のほうが水々しくて、邪悪なものがない」と自らを評しておられました。

はなまるアルバム次の写真は果物の写真とワンピースのフィギュア2枚めくり。
果物が大好きで、写真に映ってたメロンは1つ12600円だそう。
こちらのものですね。
果物専門店 新宿高野 タカノフルーツパーラー&フルーツバー

スイカも大好きだそうで、薬丸さんが「シンパシーを感じますね」とおっしゃっていまして、これだけならまだわかる人多いと思いますが、勝俣さんが「一番おいしいスイカ何か知ってますか?富士山の上で食べるスイカです」と、先々週の放送を見てないとわからないネタまで飛び出して大変マニア向けでした。

15年前はトイ・ストーリーのコレクションをはなまるアルバムに載せてた萩原さん、トイ・ストーリーグッズはトイ・ストーリー好きのお子さんがいる板谷由夏さんにあげてしまったそうです。
トイ・ストーリーのグッズ大量だったので、板谷由夏さんは小出しにしてお子さんにプレゼントされてるとのこと。
岡江さんが「ワンピース好きの子がいたら待ってればいいですね」と言うと山内アナが「うちの息子ワンピース大好きでーす」と返すはなまる芸っぽいものも見れました。

ここではなまる解体新書

血液型:?

子供の頃のニックネーム;はぎさん

意外と○○と言われることは?:フランク

会いたい人:父親

人生の極意:出会いより再会

好きな女性のしぐさ:照れているしぐさ

好きな女性のタイプは「よく照れる女性」で「また再会したいと思う出会いをしたい」と語ってました。

岡江さんが「私の小学校に萩原くんがいて、その萩原くんは〝はげ〟と呼ばれていた」という話をされてたのが面白かったです。

はなまる伝言板は「ART〜アート〜」という舞台。

はなまるアルバム最後は声優の現場写真。
ナレーションの仕事は結構多いみたいで、これにはかなりこだわりがあるとのことです。

とくまる そば・うどん

うどん vs そば

きょうの目玉 国立新美術館

目玉レポーターは黒塚まやさん。
なんか去年の司会やる前の江藤愛さんみたいなポジションになってきましたね。

黒塚さんものすごく万能型だし、かなりの危険度も持ちあわせてるので曜日レギュラーでもいいぐらいです。
司会進行はTBSのアナウンサーという縛りがあるみたいですが、黒塚さんでも全然いいんじゃないですかね。

あ、美術館の話でした。
関東の美術館しか紹介してなかったので、是非お近くの美術館に行きましょう!

国立新美術館にカールハンセン&サンのスリーレッグドシェルチェアーという30万円する椅子があって自由に座れるそうですが、岡江さんが「持ってちゃダメなの?」とそりゃダメでしょうよということを小さい声で聞いてるのが面白かったです。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>