MacでHDR加工、ソフトを買わずにiPhotoでそれっぽいこと

Posted on

Sponsored Link

iPhoto

HDRとはハイダイナミックレンジ合成のことで、簡単にいうと写真の明暗の差を広くすることです。
通常デジカメのHDR撮影は3枚とかの写真を合成して作るものでiPhoneにもその機能がありますね。

ただいちいち設定するのめんどくさいし、今まで撮った写真もHDR加工して遊びたいのでソフトを使います。

MacにもHDR加工のできるソフトはありますが、標準で入ってるiPhotoでやっちゃう方法があるそうです。

参考
The Catcher in the Sky: iPhotoを使って写真をHDR風に加工する。

設定するのは5ヶ所。
写真を選択して編集→調整で設定しましょう。

コントラスト 100
彩度 100
解像度 50
ハイライト 100
シャドウ 100

Machdr

元画像を残したい場合は画像の上で右クリックして「複製」を選択しコピーを作っておきましょう。

では上の設定どおりにやってみます。
いろんな色がある写真のほうが効果がわかりやすそうです。

ビフォー
iPhotoHDR作例

アフター
iPhoto作例hdr

こんな感じです。
上の設定でやりすぎだと思ったら微調整すればいいでしょうが、その通りやってもだいたいそれっぽくなります。

いくつかやってみましょう。
元写真は全部iPhoneで撮ったものです。

IMG_3174

IMG_3174 2

IMG_3780

IMG_3780 2

IMG_2913 - バージョン 2

IMG_2913

天気が悪くて思ったより暗く映ってた写真なんかもこうするとわりといい感じになります。

たぶん本格的なソフト使えばもっといい感じになりそうだけど、これでも十分それっぽい感じになってると思います。
雰囲気イケメンにオススメです。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>