LINEの「ブロック」「非表示」「通知OFF」の違い

Posted on

Sponsored Link

LINEブロック非表示

LINEで友達一覧の画面から編集をタップして友達の名前を選択すると上の画像のような選択を迫られます。

今や僕達の世代でLINEを使っていない人はいないと言っても過言ではなくとりあえずLINE情報を交換することも多く、LINEの必ずしも友達が友達ではないのでこのようなことをしなくてはならないのですが、ブロックと非表示の違いがわかりにくいです。

さらにトーク画面には通知OFFというボタンもあってややこしいのでざっくりメモしておきます。

通知OFF

これが一番簡単ですね。

トークもタイムラインも見れるのですが、チャットが来た時に通知されないっていうだけです。
浮気相手とチャットする場合なんかに便利ですね。

注意としては、通知は来ないけどアイコンにバッジは表示されるので、iPhoneの通知設定でバッジの表示もOFFにしておく必要があります。

LINEバッジ

通知の設定は、設定→通知→LINEを選択してAppアイコンバッジ表示をOFFします。

iPhoneLINE通知設定

ブロック

次にブロックの仕様です。
こちらに詳しく書きました。

LINEはブロックしても相手にわからないのでどんどんブロックしよう!

まとめると

  • 通話もチャットもできなくなる
  • 相手から自分のタイムラインが見えなくなる
  • プレゼント送れなくなる

ということです。

LINEはクローズドのコミュニティなので友達関係を解除する方法がブロックしかないのでこういうことになってます。

非表示

チャットが来なくなるというのはブロックと同じです。
相手のタイムラインも見えなくなります。

ただ、非表示の場合は相手が自分のタイムラインを見ることができます。
友達関係(LINEの)は維持されますが、チャットはできなくなるということですね。
タイムラインに連投する人なんているのかどうか知りませんが、そういうのがウザい場合に使うとよいです。

LINEで相手にブロックされてるかどうかを見極めるのに、タイムラインを見て表示されるかどうかというのが主流なので、相手にブロックされたと悟られたくない場合は非表示を使うといいと思います。

一番いいのは仲良くない人とLINEで友達にならないことだとも思うので「LINEやってないんですぅ」というセリフを練習して、LINEのアカウントを持たない理由も考えておくとよさそうですね。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>