ネットでパセリを残さない人が急増する一週間前にパセリ特集をやったはなまるマーケット

Posted on

Sponsored Link

こんなのが話題みたいでして。

「パセリはもう残さない」人が急増 | web R25

件のツイートはこれ。

この話が本当かどうかは置いといて、このツイートをきっかけにパセリを残さないと決意した人がたくさんいるそうです。

んで、このツイートがされる一週間前、5/17放送のはなまるマーケットではパセリ特集をやってました。

「はなまるの特集とかネタ切れでしょっちゅう同じネタ使ってんじゃないの」と思うかもしれませんが、パセリ特集は1998年に一回やっただけです。

この事実が中島亜梨沙さんの口から語られた時、出演者のみなさんも茶の間も「え、1回やってるんだ…」という顔をしてましたが、玉ねぎ特集なんかは100回以上やってるだろうし2回目というのは珍しいことなんですね。

というわけではなまるマーケットの先見性が露呈してしまいましたね。

先見性といえばゴールデンボンバーがテレビに始めて出たのもはなまるマーケットだし、あとはまあ、それぐらいしか思いつかないですけど基本的にネットで話題になったものを2ヶ月遅れで取り扱ったり、旬を過ぎて少し落ち着いた人をはなまるカフェのゲストに呼ぶはなまるマーケットからすれば快挙と言えるでしょう。

今でしょ!の人とか出演時にはもうフルテンションで今でしょ!ってできないぐらいになってたので、もうちょっと今でしょ!ってタイミングで出して欲しかったですね。

まあいいんだけど、パセリ特集結構面白かったので改めてまとめておこうと思います。

まず、中島亜梨沙さんが街中でオムライスを持ったVTRから始まります。
笑顔満点で「今日の特集はーオムライス〜♡ではなく、この真中に乗ってるパセリー!!!」ってやってました。
そういう番組なんですはなまるマーケット。

続いて大学の先生によるパセリの栄養解説、そしてパセリを食べる派食べない派の調査をやってました。
食べる派2人、食べない派9人だったので、9割の人が残すって話もだいたいそうなんじゃないかって感じですね。

VTRが終わってスタジオの皆さんがパセリを食べるか食べないかの話になりました。

勝俣さんは「小学校の時にパセリが大好物になりたいって作文を書いたんです。ハンバーグとかはみんな取り合いになるんで、パセリを好きになればお腹いっぱいになれるから」という謎のエピソードを長々語って、他の人が結局どうなのかはわからなかったのは残念でしたね。
岡江さんは大好きだそうですが。

ここで中島さんから「はなまるでもたった2回目」という話が語られ、「はなまるでも脇役に…」と残念そうに言い、テーブルの中央に置かれたパセリに岡江さん一行が「頑張れー」と念を送るコントが開催されました。

この後もう一度VTRに行くんだけど、この日はVTRが面白かったんですね。

パセリの収穫量ナンバー1の長野県のパセリハウスを取材してたんですが、そこの娘さんはパセリ畑のパセリを端から食べちゃうとのこと。
パセリが食べられてることに気付いた農家さんはハクビシンにやられたかと思ってたら娘さんだったそうです。

その後、近所の子供達を集めてパセリトーストというのを食べてたんですが、子供達がパセリを取り合って喧嘩する微笑ましい映像が流れていました。

んで、当然パセリトーストをスタジオで試食して、勝俣さんは「美味しい!」「パセリも主役になれる!」って食べてたんですが薬丸さんの感想はこちら。

「マヨネーズがいいですね」「パセリどこにいるのかわかんないですね」

もちろんもっとすごいのは岡江さんで、こんなことをボソっと言ってました。
はなまるパセリトースト

「パンも柔らかい」

師匠さすがです。

その後、薬丸さんがパセリトーストを完食し岡江さんのパセリトーストを取ろうとして、子供達のようにパセリトーストきっかけで喧嘩をするコントがはじまりました。
ここでも岡江さん「やだあもうううううう」とテンションあげてて面白かったです。

続いてのVTRは有名フレンチのシェフによるパセリ使いってことで、中島亜梨沙さんがそのシェフの作ったパセリのとろとろスープを飲んで「五臓六腑…」と天然で発してるのがヒットしてました。

スタジオではジェノバ風パセリのカッペリーニを食べてて、勝俣さんが「こんなの家庭で出したらびっくりしますよね!」と盛り上げたところの岡江さんの感想がこちら。
はなまるパセリカッペリーニ

「茶そばかと思っちゃう」

確かに見えないこともないですが、テレビで素で言っちゃう岡江さんから今後とも目が離せませんね。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>