旗本由紀子は自分に対してもハードルを高く設定する煽り神

Posted on

Sponsored Link

岡江さん薬丸さんの試食前にグイグイハードルを上げ、その割にいいリアクションをしてもらえないことも多い旗本由紀子さん。

何度倒れても立ち上がるその姿勢は尊敬に値します。


んで、旗本さんの尊敬できるところって自分のことにもガンガンハードルを上げることなんですよね。

普通自分には甘くなってしまいがちなとこじゃないですか。

例えば今日のブログ。

次回の扮装は・・・♪|旗本由紀子の『たいせつな日常』

うきゃきゃ

1996年の11月にはなまるアナになってから、これまで水着があり、
マッサージで背中を見せ、七福神の福禄寿、オスカル、そしてつい先日
歌舞伎メイクでは娘道成寺の花子・・・ といろいろありましたが、今回も
かなりインパクトありです

うきゃきゃ。

歌舞伎メイクもかなりのインパクトありましたが、それを軽々超えてくれそうです。

それにしても旗本さん水着なんて披露してたんですね。

個人的には旗本さんはコスプレなんてしなくても毎回面白いのでこれからも平気な顔してどんどん煽ってほしいです。

「出演者の正直なリアクション」がはなまるマーケットの売りになったのは、旗本さんのような煽りスキルの高い人のおかげだと思いますので。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>