HOME» 雑記»

灰原哀の「知識と活用」についての考えが本当にそれ大事だよねと俺の中で話題に

Posted on

Sponsored Link

コミックス28巻、File1「小さな標的」より。

松茸狩りにやってきた少年探偵団一行、光彦と灰原がはぐれてしまい更に灰原は足首をねんざしてしまいます。

光彦がタオルに互い違いにハサミを入れ、即席の包帯を作り応急処置。

灰原に「へーすごいじゃない!」と褒められた光彦は「コ、コナン君がボクにこうやってくれたんです…彼、何でも知っててスゴイですよね…」としょげ気味。

そこで灰原さん「バカね…」の後にこう続けます。

灰原哀名言

大切なのはその知識を誰に聞いたかじゃなく、どこでそれを活用するか…

今のあなたは私にとって最高のレスキュー隊員よ!

ありがと
助かったわ…

哀ちゃんのレスキュー隊員になりたいし、はてブで見かけた英語学習系のエントリーを延々ブックマークしてるだけで全然勉強しないので説教してほしいです。

関連
灰原哀の方言に対する考え方がかっこいいと俺の中で話題に




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>