HOME» Apple» iPhone»

iOS6で日本語入力関連のバグ、傾向と対策

Posted on

Sponsored Link

iOS6、地図ばかり叩かれますが日本語入力に関するバグも報告されています。
今回は二つのバグについてと軽い対策なんかを書いておこうと思います。

クラッシュ

まずは日本語入力中にスリープに入ると、スリープから復帰した時にアプリが落ちる問題。
アプリによるようですが標準のメモ帳アプリでもこの現象が発生します。

クラッシュした際に入力していた内容が消えてしまうアプリもありますので設定→一般→自動ロックを5分とか長めに設定しておいたほうがいいと思います。
ブログ書いててちょっと筆が止まってる間にスリープして全部消えたりしませんように。

ユーザ辞書が表示されない

iOS6からユーザ辞書がiCloudで同期されるようになりました。
大変便利だと思っていましたが、たまに同期されずに辞書がまったく呼び出せない状態になります。

対策

僕は「か」と入力すると各種カッコが出てくるよう辞書登録してるのですがこの時も出ませんでした。

再起動すれば治ります。

次のOSアップデートでは治していただきたいですね。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>