佐々木俊尚「『ノマド』『キュレーション』『レイヤー』という用語は俺が作った」の時代

Posted on

Sponsored Link

佐々木俊尚さんがこんなツイートしてまして


レイヤーもノマドもキュレーションも前からある言葉を違う意味として言ってるだけですよね。

作ったというより、どちらかというと「ワシが育てた」のほうが近いのではないでしょうか。

その前にこんなツイートもしてるんだけど

コスプレイヤーは冗談だとして、ノマドもキュレーターも元々そういう人達いたのでかなり微妙なとこなんじゃないですかね。

ノマドは明らかに広まりすぎてややこしくなったし、キュレーターが広まったせいでNAVERが〝一億総キュレーター時代〟とか言い出したし、元々美術館のキュレーターの人は2重キュレーターになってしまいます。

僕は佐々木俊尚さんの本では当事者の時代ドワンゴ物語が好きなのですが、このままでは佐々木さん「当事者という言葉は俺が作った!」と言い出したり「ニコニコ動画は俺が作った!」と定番の議論をさらにややこしくしかねません。

あ、でもこういう当事者でもないのに他人の心配して攻撃的になりすぎると佐々木さんの作った「マイノリティ憑依」という言葉に殺されてしまいますね。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>