5人に4人がネット炎上対策してるらしいけど雑

Posted on

Sponsored Link

トレンド総研見てたらこんな調査をやってました。

「SNS×炎上」に関する調査(PDF注意)

0.レポート内容サマリー
1.「ソーシャル炎上の目撃経験」
◆3 人に 1 人以上が、リアルタイムでソーシャル炎上を目撃
◆炎上目撃媒体 Twitter、ブログが上位に。ユーザーが増加の Facebook も 7 人に 1 人が目撃

2.「ソーシャル炎上の体験」
◆身近な知り合いがソーシャル上で炎上・・・7 人に 1 人
◆30 代男性の 12 人に 1 人が「自らが炎上」!

3.「ソーシャル炎上に対する意識・行動」
◆2 人に1人が「炎上している投稿にアクションをした」経験あり
◆5 人に 4 人がソーシャル炎上しないように対策を実施
◆過半数の人が「ソーシャル炎上は身近に起こりうるもの」と感じている

炎上の定義を書いてないんだけど、どういうのを炎上と言ってるんでしょうか。

ちょっと前だとコメント欄が批判コメントで埋まることだった気がするけど、ここで答えてるのもそういう感じですかね。
そうじゃないとたぶん7人に1人も見てないはずです。

僕的には最近の炎上の定義ってGoogleで本名検索したら検索結果が大変なことになってることだと思ってます。

知り合いとも繋がってない完全匿名のブログやtwitterが炎上したところで特になんでもないですし、炎上させたい側も〝メシウマ〟と呼ばれる人の人生が狂う様を見て楽しんでいます。

5人に4人が炎上対策してるらしいのでそれちょっと見てみましょう。

「特定できる名前を出さない」が 56.3%、「悪口や批判、 不満は書かない」が 55.7%と続 きました。「何もしていない」という人は 21.0%にとどまり、のこり 8 割と大多数の人が何かしらの形でソーシャル炎上をしないようにして いることが明らかになりました。

まず、「特定できる名前を出さない」についてですが、これはちゃんとした対策ではなく、もし何かやらかしてしまったらバレる時にはバレます。

例えばtwitterで身近な友達とフォロー関係にあって、その友達が本名を名乗ってたり所属を明らかにしてた場合そこから本人の名前が割れてしまいます。

もし炎上した人がFacebookのアカウントを持ってて、投稿を全体公開にしていたら、過去にtwitterに投稿した画像で検索するとヒットしてしまって一発特定もありえます。

この「本名を名乗らない、所属を隠す」というのは、知り合いと一切関わらないというところまでやらないと無意味です。

「悪口や批判、不満を書かない」というのは書かないに越したことはないけど、これで炎上対策できたと思って安心してはいけません。

世の中には誰かと仲良くしてるだけで炎上することもあります。
特に炎上してる人と仲良くしてるだけで巻き込み炎上というのはよくあります。

まあそういうのは半分ぐらいとばっちりなんだけど、それで本名晒されてGoogle検索結果に「飲酒運転の○○の友達」みたいなのが表示されてしまった人もいるというのは知っておいたほうがいいと思います。

特に犯罪自慢系の場合、誰かが炎上したの確認した時点で、その人とのやり取り、いいねやリプライなんかも含めて削除しておくのがいいですね。
ついでにブロックしておけばいいでしょう。

あとまあ、当たり前だけど悪いことはしないことですね。
前にこんな事件がありました。

高校生が卒業祝いにカラオケに行ったことを写真付きでブログに載せてました。

その写真には緑色の飲み物が写ってて、そのカラオケ店ではメロンソーダとかメニューになくて緑色の飲み物はなんちゃらカクテルみたいなのしかなかったのですね。

ということで未成年飲酒がバレて本名も学校もバレて、進学予定だった大学の入学を取り消されてしまったという悲しいお話です。

この人は本名も隠してたしネガティブなこと書いてないけどそもそもの行いが悪いから終わっちゃったパターンです。

んで、この人がなんでロックオンされたかというと私怨とかそんなんじゃなくて、女子高生のブログを読み漁る人がいて、その人はヘビーな2ちゃんねるユーザーで炎上も大好きみたいな人だったんですね。

何も「飲酒運転なう」だけが炎上ではないので、過去の事例を研究しつつどうすれば炎上リスクを最小限にできるかというのを考えたほうがよさそうです。

一番簡単なのはネットとかやらないことだと思います。
ブラウザを閉じましょう。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>