HOME» Apple» iPhone»

iPhoneのテキストエディタ「Writeroom」で使えるURLスキーム

Posted on

Sponsored Link

昔文字数をカウントしてくれるエディタがこれしかなかったので今も使ってるだけですが、便利なURLスキームができたしDropbox連携にも対応してるので中々満足できるアプリです。

値段も当時よりお安くなっています。

WriteRoom 3.2.5(¥450)

iPhone/iPadの両方に対応


というわけでWriteroomのURLスキームをメモしておきます。

参考:WriteRoom Updated with URL Schemes

URLスキームや通知センターからアプリを起動するあれこれについてはこの辺に詳しく書いてます。

iPhoneアプリ「Iconizer」とURLスキームを使って通知センターからアプリを起動する方法

新規書類作成

通知センターから起動したりするにはこれだけあれば十分です。

writeroom://new

ファイルを開く

既存のファイルを開きます。

writeroom://open/ファイル名

フォルダ内に書類作成

writeroom://new/フォルダ名/

新規書類作成+テキスト追加

writeroom://new/書類名?body=テキスト

既存書類に追記

writeroom://open/ファイル名?append=追記テキスト

検索

キーワードのところに検索語を入力するとWriteroom内から検索してくれます

writeroom://search/キーワード

以上。

実際使うの新規書類作成ぐらいですかねー




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>