メンタリストDaiGoが引退するとか言ってる件について

Posted on

Sponsored Link

先週出演された金スマという番組でそういうことを言っていたそうで2ちゃんねるでじわっと話題になっているようです。
メンタリスト、DaiGoのメンタルが追い詰められていたことが判明 「観客の拍手が怖い、引退したい」 アルファルファモザイク
メンタリストのメンタルにちょっといろいろ思うところがあるのでなんか書きます。

おそらくメンタリスト引退を考えていたのは少し前からなのだと思います。
近著であるこれがメンタリズムです メンタリストになれる本の中でフォーク曲げやメンタリズムの解説(と言ってもタネがわかるようなものではありません)とかやり始めてたことからもその兆候が見られます。

この本についてはフォーク曲げを自ら考えたものであるかのように誤読させる可能性があることや、タネはわからないにしろ表紙や帯で煽って公開してしまうことについていろいろ言いたいことはありますが、それはちょっと置いておきます。

この本が出版されたのが11/9ですから書いたのはもう少し前で、たぶん夏ごろからメンタリストを引退するようなことは考えていたのではないかと思うのですね。

DaiGoさんはあまり公には言いませんが元々マジシャンで、これがメンタリズムです メンタリストになれる本にもそのことは書かれていますし、mixiのプロフィールもマジシャンだったし、2009年に日本テレビのナイナイプラスに出演された時はマジシャンという肩書きでした。

引退を仄めかした番組を見ていないのでわかりませんが、引退の理由は観客の拍手が怖いとかそんなんじゃなくて単純にネタ切れしたからということなんだと思います。

メンタリストを名乗りマジシャンと一線を引くという戦略で成功をおさめられましたが、そのメンタリストというこだわりが自らネタの範囲を狭めているのは自明です。例えば、トランプを使ったメンタリズムのパフォーマンスも存在しますが、それをやってしまうと、いくらメンタリストと言っても見てる側としてはカードマジックをやっているマジシャンとの違いがわからなくなってしまうんですね。

最近の出演番組もいくつか見ましたが、そのせいでほとんど同じネタばかりになってしまっています。

さらに日本メンタリスト協会がメンタリストという言葉を商標登録され、メンタリストを名乗って活動するのがめんどくさくなったんだと思います。
この件に関してはある意味かわいそうなんですが、DaiGoさんも~誰とでも心を通わせることができる7つの法則~という本の中で「日本でメンタリストを名乗るのは僕だけ」とか微妙なことを言っていたのでどっちもどっちかなと思います。日本でもメンタルマジックを専門にする人がメンタリストを名乗っている例はありますので。

DaiGoはどうなるの

僕の予想ではこの人は「メンタリスト」を引退するだけで、あっさり「マジシャンDaiGo」とか全く別の名前でしばらく活動するんじゃないかと思います。
引退とか言ったのは本を売るためというのもあるでしょうし、パフォーマンスのうちなんだと思います。

それならまだまだネタもありますし、実際この方のマジックはオリジナリティがあって技術も物凄く高いのでおもしろいです。
ただそれを視聴者が求めているかというと微妙ですし、「マジシャン」もどっかの団体に商標登録されてしまって詰んでしまうメンタリストも見てみたいような気もしますね。

追記
メンタリストDaiGoとメンタリスト商標登録問題のその後

メンタリストDaiGo「引退はしません。笑」




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>