田中ロミオ「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」

Posted on

Sponsored Link

映画になるみたいだし、Kindle化されたし遅まきながら読み終えました。

ライトノベルだからといって敬遠する人はいるし、その中でも学園系ラブコメ物ということで引いてる人もいるかもしれませんが、ネタバレされる前にさっさと読んだほうがいいです。

よくある学園系のライトノベルって放課後や部活動だけを描いてたり、登場人物は10代のほうがいいけどそこに学校ないと不自然だよね的な存在として学校があるだけだったりしますが、この作品はわりとガチな学校生活の話です。
ライトノベルでも結構ヘビーな読み方ができます。

〝設定〟は結構アレなんだけど、アレの中に生々しいアレがあるというか。

例えばこんな一文が出てきます。

なに、スルーくらいならどうということはない。どのみち、無理して人づきあいしてる時だって本質的には孤独なんだから

アレな設定の中本質見てる感じがすごい面白かったです。

そんな中で魔竜院光牙が最後の闘いをします。

闘いとはなんなのか、是非読んでみてください。
人にオススメできる数少ないラノベです。

ライトノベル慣れてない人は最初の方厳しいかもしれませんが〝設定〟が大事なので数ページ我慢してください。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>