HOME» 雑記»

【水からの伝言】ありがとう教が予想以上に深刻

Posted on

Sponsored Link

新興宗教勧誘所としても名高いNAVERまとめでこんなまとめを見つけました。
えっ!?流行ってるの?「ありがとう」に込められた知られざるパワー – NAVER まとめ(nofollow)

引用元が古いので流行ってるとかじゃないし、そもそも流行りで使う言葉でもないのでまとめた人は頭が悪いのだと思いますが、良い感じにありがとう教のサイトがまとまってます。

「ありがとう」で運が開ける | 潜在意識!マーフィーの法則(nofollow)

ガラス瓶に水を入れて、一方には、「ありがとう」と書いた紙を貼り、もう一方には、「ばかやろう」と書いた紙を貼り、水の結晶を写真に撮って比べます。

すると、「ありがとう」は美しい結晶をつくるのですが、「ばかやろう」の結晶は見るも無残に壊れてしまっているのです。

いろんな言葉で試した結果、最も美しい結晶をつくるのが「愛」「感謝」であったという報告もあります。

人間の体は70パーセントが水でできていますので、「ありがとう」の言葉を常に発していれば、この実験と同じように体内の血液や体液も変わり、健康を維持できるというのは何となく納得がいきます。

「ありがとう」を唱え続けた末期がんの患者からがん細胞が消えたという事例もあるそうです。

では、英語の「I thank you」でも同じような効果があるのかというと、残念ながら「I thank you」には「ありがとう」のような不思議な力はないそうです。

世界の中でもどうやら日本語だけが特殊な構造をしているようです。

定番の〝水からの伝言〟ですが日本語だけという話は始めて聞きました。

“日本語だけが特殊な構造をしている”の意味がよくわかりませんが「日本人に頭のおかしい人が多い」の間違いなんじゃないでしょうか。

上のまとめにもう一つやばいサイトがありました。

ありがとうデータベース(ありがとう研究所)(nofollow)

ありがとうデータベース。
ありがとう日記みたいなのを書き込む場所のようです。
1万回言いましたとか20万回言いましたとか全体的にやばいんですが兵庫県の38歳男性の投稿が特にやばいです。

100万回のありがとうございます
ありがとうございますを100万回唱え続けた結果 縁遠かった兄と姉の結婚が立て続けに決まりました! 年齢×3万回のありがとうございますを唱えると、自分 の周りの人に良いことが起きるというのは本当のよう です^ ^v

どうやって数えたんでしょう100万回。

真面目な話、38歳でこんなこと信じて100万回ありがとう唱えるとかちょっとやばいです。

ありがとうとかありがたい時にだけ言えばいいです。
100万回唱えなくていいし水に見せなくても大丈夫です。

もし100万回唱えてありがとう教広めようとしてるゴミがみんな死ぬなら喜んで唱えますが。




SHARE:)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
Yahoo!ブックマークに登録

 
rss feed follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader


One thought on “【水からの伝言】ありがとう教が予想以上に深刻

  1. ありがとうございます唱えとけいよ?はい、

    ありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございますありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございます

    ぬあっっ?!ぬああぁぁああああああ!!!!!

    ありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございますありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございます ありがとうございますありがとうございます ありがとうございますありがとうございます ありがとうございます
    ありがとうございます ありがとうございますありがとうございます ありがとうございますありがとうございます ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>